FUJIWifiが動画再生に向いているモバイルWi-Fiルーターである理由

マグカップを手に持っている女性 FUJIWifi

私は元々GMOとくとくBBのWiMAX 2+を契約していましたが、現在は【FUJIWifi】のSIMプランも契約して2台のモバイルWi-Fiルーターを使い分けています。

メインはあくまでも容量無制限のWiMAX 2+ですが、両方を使ってみて実感したのは高画質な動画を楽しむならFUJIWifiのほうが向いているということです。

なぜWiMAX 2+よりも動画再生に適しているのか、FUJIWifiのレビューも兼ねて私の考えを説明したいと思います。

FUJIWifiが高画質な動画の再生に向いている理由

最近はAbema TVのような無料でもそこそこ楽しめる動画配信サービスが充実してきました。

私はAmazonのプライム会員サービスに入会しているので、プライムビデオも視聴できる環境にあります。

またFire Stick TVを持っているので、大抵の動画配信サービスはリビングのテレビで再生することが可能です。

そういうわけで、週末はたまに家族と長時間動画を観たりするわけですが、これが結構なデータ通信を行います。

高画質な動画はデータ通信量が大きい

データ通信量は動画によって異なるので一概には言えませんが、プライムビデオを最高画質で2時間くらい再生すると約5GBの通信量が発生しました。これだと7GB制限があるPocket WiFiではせいぜい1本しか観れません。

WiMAX 2+のギガ放題プランだと7GB制限はありませんが、混雑回避のための速度制限はあります。いわゆる3日間制限で、直近3日間のデータ通信量が10GBを超過していると18時から翌2時までは通信速度が最大1Mbpsに制限されるというものです。

WiMAX 2+のギガ放題は無制限じゃない?混雑回避のための速度制限とは
WiMAXとはモバイルWi-Fiルーターの一種ですが、固定回線の代わりとしても利用されていることで有名ですよね。 しかしWiMAXが無制限で使い放題だったのは昔の話。現行のWiMAX 2+ ギガ放題は完全に使い放題というわけではなく、...

例えば2時間程度の動画を土曜日と日曜日に1本ずつ再生したとすると、2日間でデータ通信量が10GBに達するので月曜日と火曜日の夜間はほぼ確実に低速化することになります。

最大1Mbpsとなると動画再生はまず無理ですし、画像の読み込みにも時間がかかるのでちょっとWEBサイトを閲覧するだけでもストレスを感じることがあります。

週末以外は動画再生以外もまったく使わないという方なら平気かもしれませんが、夜間にインターネットを利用することが多いのであればWiMAX 2+は不向きです。

FUJIWifiは3日間制限がないから快適に楽しめる

一方でFUJIWifiにはこのような3日間制限は存在しません。

例外としてWiMAX 2+プランには混雑回避のための速度制限が存在しますが、それ以外のSoftBank回線のプランには月間の容量制限があるだけ。100ギガプランなら100GB、200ギガプランなら200GB使い切るまではずっと高速で通信できます。

つまり短期間に大量の通信を行っても速度制限が行われないので、高画質な動画を長時間楽しむのに適しているというわけです。

FUJIWifiとWiMAX 2+でデータ通信量のシミュレーション

具体的なデータ通信量を設定して計算、比較してみましょう。

平日のデータ通信量が1GB×22日間で合計22GB、土日は5GB×8日間で合計40GBとすると、月間データ通信量は62GBになります。

FUJIWifiの100ギガプランを契約した場合、これだけ通信してもまだ38GB余るので、一切通信速度を制限されることなく快適に通信することが可能です。

ところがWiMAX 2+ ギガ放題の場合、金土日または土日月の3日間で11GB通信することになるため、月曜日と火曜日の夜間は通信速度が制限されてしまいます。

このように短期間に大量の通信を行うような使い方をするのであれば、3日間制限がないFUJIWifiのほうが適していることは明らかですね。

FUJIWifiのデメリットは月間データ通信量に上限があること

ただしFUJIWifiにもデメリットはあります。それは月間のデータ通信量に上限があるということです。

最上位の4G/LTEいつも快適プランでも、実際は300GBほど通信すると回線の提供元であるSoftBankによって通信速度の制御が行われて使い物にならなくなります。完全な使い放題ではないのです。

ただし4G/LTEいつも快適プランは万が一通信速度が低速化しても、端末を代替機と交換することで間接的に速度制限を解除してもらえます。

代替機が届くまでは高速通信が不可能ですが、WiMAX 2+は毎日速度制限が行われる可能性がありますし、こちらの制限は絶対に解除できません。

データ通信量の上限を超えることがないのであれば、3日間制限がないFUJIWifiのほうが快適に動画を楽しめますよ。

まとめ

月間のデータ通信量は大したことがないけれども、週末は動画を再生するために大量に通信するという使い方なら、WiMAX 2+よりもFUJIWifiのほうが適しています。

WiMAX 2+のギガ放題は月間のデータ通信量は無制限ですが、3日間制限があるので週末に高画質な動画を長時間再生すると週明けは低速化してしまう可能性が高いです。

しかしFUJIWifiなら3日間制限がないので、月間のデータ通信量さえ使い切らなければ毎日高速のまま使い続けられます。

もちろん夜間はまったく使わないとか、使い方によってはWiMAX 2+のほうが適している場合もありますが、月間のデータ通信量が100GB~200GB程度に収まりそうなのであれば、私は【FUJIWifi】をおすすめしたいです。

ちなみにWiMAX 2+を契約するなら業界最高クラスのキャッシュバックを還元していて、実質料金が業界最安クラスのGMOとくとくBB WiMAX 2+をおすすめします。

FUJIWifi
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

BIGLOBE WiMAX 2+

口座振替を希望ならBIGLOBE WiMAX 2+一択です。Broad WiMAXも口座振替に対応していますが、クレジットカード決済でないと初期費用が無料になるキャンペーンが適用されません。

しかしBIGLOBE WiMAX 2+はクレジットカード決済と同額のキャッシュバックや割引が適用されるので、口座振替で契約するならもっともお得なプロバイダーです。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました