最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
ガジェット全般

Android 11で全機種がワイヤレスAndroid Autoに対応するも2.4GHzでは利用不可能に

ワイヤレスAndroid Autoを実行しているOPPO A73 ガジェット全般

Googleが提供しているカーナビゲーションシステムのAndroid AutoはAndroid 5.0以降を搭載した端末で利用することが可能ですが、そのほとんどは有線接続でしか利用できません。

そもそもワイヤレスAndroid Autoに対応しているスマートフォンがPixelやGalaxyなどの一部機種に限られていた上に、特に日本においては屋外で5GHz帯を利用することが原則的に禁止されているため、Android Autoの無線接続はかなりハードルが高いのですが。

そんなレア機能だったワイヤレスAndroid Autoですが、Android 11からはメーカーを問わず全機種に開放、標準搭載されるようになりました。これによりPixelやGalaxy以外のスマートフォンのユーザーでもワイヤレスAndroid Autoを利用できる可能性があります。

一方で2.4GHz帯で利用することが不可能になってしまったため、日本国内で利用するのは相変わらずハードルが高いままとなりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Android 11を搭載している端末はワイヤレスAndroid Autoが利用可能

私がメインで使用しているGalaxy S20 5G SC-51Aは従来からワイヤレスAndroid Autoに対応していたのでなかなか確認が取れなかったのですが、Android 11にアップデートしたOPPO A73でもWi-Fi接続でAndroid Autoを利用できるようになりました。

有線接続だとUSBケーブルを繋ぐ手間がかかるのはもちろんのこと、データ通信用のUSBポートに繋ぐので低速充電を強いられるといったデメリットもあります。PixelやGalaxyに限らず、安価なミドルレンジやローエンドでも利用できるようになるのは嬉しいですね。

ただしAndroid 11を搭載した機種ならどれでも利用できるというわけでもありません。

5GHz帯のWi-Fiに対応していることが条件

以前からGoogleは、ワイヤレスAndroid Autoを快適に利用するために5GHz帯のWi-Fiで接続することを推奨していましたが、強制ではありませんでした。

そのため2.4GHz帯でホットスポットを設置できるカーナビやディスプレイオーディオであれば、日本国内でもワイヤレスAndroid Autoを合法的に利用できたのです。私はRaspberry PiとOpenAuto Proで自作した機器で利用しているので、市販品で対応機器が存在するのかは知りませんが…

ところがAndroid 11からは5GHz帯での接続が必須条件になり、2.4GHz帯での接続時はAndroid Autoが起動しなくなってしまいました。最初は起動しなくなった原因が分からなかったのですが、OpenAuto Proのフォーラムでも話題になっており、どうやらそういうことのようです。

最近は実勢2万円を切るような低価格機種でも5GHz帯に対応している機種が珍しくないですが、問題は端末ではなく、屋外で5GHz帯を利用することにあります。

屋外で5GHz帯を利用するためにはDFSが必須

日本でも屋外で5GHz帯を利用することは完全に禁止されているわけではありませんが、気象レーダーなどとの干渉を回避するためにDFSと呼ばれる機能が搭載されている必要があります。

DFSを有効化するとレーダーの探査に1分ほどの時間を要するので、そのぶんAndroid Autoの起動が遅くなるのもデメリットですが…それだけならまだしも、運転中にDFSが機能するとAndroid Autoが終了させられてしまう恐れさえあります。

Wi-Fi接続がなくてもオーディオ機能はBluetooth接続だけでも利用できますが、カーナビとしては致命的かもしれません。実際に長時間走行したり検証してみたわけではないので何とも言えませんが…

車は車でもバスの車内については例外的に5GHz帯の利用が認められていたりしますし、その他にも屋外で5GHz帯を利用できる特例は存在するので、一般の乗用車についても緩和してほしいところですね。

Android 10以前の対応端末は引き続き2.4GHzで利用可能

ちなみにAndroid 10以前のバージョンの対応端末については、引き続き2.4GHz帯でワイヤレスAndroid Autoを利用することが可能だそうです。

なので、どうしても2.4GHz帯で利用したい場合は最新のAndroid OSにアップデートされていない個体を調達してくるか、ダウングレードで対処するという方法も一応あります。

例えばGalaxyのSシリーズだと、S9がAndroid 10でOSアップデートを終えているので確実そうですね。docomo版のSC-02Kは2021年7月にセキュリティパッチが更新されていますし、まだまだ現役で使えるでしょう。

とはいえ、いつまでも古い端末を使っているわけにもいかないですし、Android 11以降の端末でも2.4GHzで利用可能になると嬉しいのですが…

まとめ

Android 11からはPixelやGalaxy以外のスマートフォンでもワイヤレスAndroid Autoが利用可能になりました。

しかし5GHz帯での接続が必須条件となり、2.4GHz帯で接続できなくなってしまった点に注意が必要です。OpenAuto Proのようなソフトウェアを利用して自作するにしてもDFSの実装が必要ですし、2.4GHz帯よりも本当に快適に利用できるのか怪しい気がします。

そもそも対応しているカーナビやディスプレイオーディオといった機器が市販されなければ一般層には普及しないでしょうけれども…

最悪、有線接続への移行を余技なくされることも覚悟しておくべきかもしれません。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅴ(4月にⅥへアップデート予定)の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも4月7日までに申し込めばプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

ちゃんとした固定回線を契約したいなら楽天ひかりとセットで契約するのがおすすめ。楽天モバイルとセットなら月額料金は最大1年間無料で利用できるので、どの固定回線よりも圧倒的にお得に契約できます。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました