最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
モバイルWi-Fiルーター

auの無線LAN STICKが対応機器の制限を撤廃!正真正銘のWi-Fiルーターに

iPhoneやiPadなどのWi-Fi機器 モバイルWi-Fiルーター

対象の料金プランを契約しているauユーザーなら月額550円から利用できる、無線LAN STICK KTD31がauから発売されてもう1年も経とうとしてるんですね。

無線LAN STICKはACアダプターのUSBポートに刺すだけで簡単に無線LAN環境を構築できるという代物ですが、この「無線LAN」というのがくせ者で、どんなWi-Fi機器でも接続できるわけではありません。むしろ接続可能な機器はほんの一部に限定されているのです。

auの無線LAN STICKがWi-Fiを利用したい人にはおすすめできない理由
2021年1月22日よりauからスティック型のLTE対応無線LANルーター、無線LAN STICK KTD31が発売されました。auのスマートフォンユーザーならたったの月額550円、それもキャンペーン期間中は3年間半額の月額275円で無線L...

そのため使いどころが難しい微妙な製品だったのですが、この対応機器の制限が撤廃されることになりました。具体的な日時は未定のようですが、1月中旬以降のアップデートによって一般的なWi-Fi機器でも利用できるようになるとのことです。

手軽に無線LAN環境が構築できる「無線LAN STICK」、幅広いデバイスを接続可能に | スマートフォン・携帯電話 | au
手軽に無線LAN環境が構築できる「無線LAN STICK」、幅広いデバイスを接続可能にについてのご紹介ページ。auのお知らせの情報です。

これにより無線LAN STICKが正真正銘のWi-Fiルーターとして、いわゆるホームルーターのように使えるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無線LAN STICKがホームルーターのように使えるようになる

無線LAN STICKを利用するためには、auスマートフォンで指定の料金プランを契約して、データ容量をシェアすることになります。

それではauスマートフォンで使い放題MAX 5G/4Gを契約していれば無線LAN STICKも無制限で使い放題になるのかと言えばそうではなく、auではテザリングなどのデータシェアには30GBの制限を設けているため、使い放題系のプランを契約していたとしても無線LAN STICKも使い放題になるわけではないので注意が必要です。

それでも対応機器の制限が撤廃されることによって、一応普通のWi-Fiルーターと同じように使えるようになります。従来はAmazonのスマートスピーカーや特定のタブレット端末くらいしか使えませんでしたからね。

docomoのデータプラスが同じく上限30GBで、しかし月額1,100円かかることを考えるとかなり割安です。大前提としてauのスマホを契約していなければいけませんが、普段パソコンをあまり使わない一人暮らしの方であれば、これを固定回線の代替とするのも結構現実的な選択肢になるのではないでしょうか。

まあdocomoのデータプラスは5G契約に対応していますし、SIMを使用する端末も自由に選べるので一長一短ではありますが。

ルーターやアクセスポイントとしての性能は貧弱

無線LAN STICKはルーターやアクセスポイントとしての性能はかなり貧弱なんですよね。まずWi-Fiの周波数が5GHzに非対応で、2.4GHzしか対応していません。2.4GHzは互換性が高いですが、Wi-Fi以外でも使用している家電があるため干渉しやすく、環境によっては快適に使えないことがあります。

そもそも筐体が小さいということはアンテナも小さく、電波の飛びもあまり期待できません。ワンルームならともかく、複数人で暮らしているような家をこれ1台でカバーするのは無理でしょう。

USB接続に対応していればパソコンだけでは安定した通信が可能になりますが、元々の製品コンセプト的にそれも対応することはないでしょうね。

あくまでもライトユーザー向け

使用機器を選ばなくなったのは素直に嬉しいことですが、結局ターゲットとしているユーザー層はあまり変わらないのかなという気がします。

せっかく正真正銘のWi-Fiルーターとして使えるようになったのですから、何かしら活用方法を考えたいところですけどね…がっつり通信するのであればスマホとセットで無線LAN STICKを利用するより、docomoのhome 5Gを契約したほうが容量制限がなくてよっぽど幸せになれると思います。

home 5Gの月額料金は4,950円、最大36か月間適用される月々サポートを考慮しても3,850円かかりますが、スマホのプランをahamoにして組み合わせれ総額はほぼ同じくらいだったりします。それぞれ契約すると毎月どれくらいの費用がかかるのか、簡単に比較してみました。

au+無線LAN STICK ahamo+home 5G
スマートフォン月額料金 使い放題MAX 5G 7,238円/月 ahamo 2,970円/月
ルーター 月額料金 550円/月 3,850円/月(最大36か月間)
端末代金 一括6,480円 一括39,600円 分割1,100円×36回
月額合計 7,788円/月 6,820円/月 7,920円/月

home 5Gは端末代金が高額ですが、一括で購入しても分割で購入しても月々サポートのおかげで36か月かけて総額39,600円の割引が適用されるため、最終的な月額料金はそんなに変わりません。実質無料ってやつですね。

むしろ1.5万円分のポイント還元やキャッシュバックが貰えたりするので、それなりの期間を利用するのであればhome 5Gを契約するほうが得なくらいでしょう。単純に2.4GHz/5GHzのデュアルバンドに対応しているだけでなくWi-Fi 6にも対応していますし、ルーターとしての性能もかなり高めです。

もちろん無線LAN STICKは非常用のバックアップとして契約しておくなど、他にも使い道はあると思いますけどね。固定回線として使えるのはライトユーザーくらい…というのは変わらない気がします。

まとめ

今後のアップデートによって無線LAN STICKが正真正銘のWi-Fiルーターとして使えるようになります。

ただauスマートフォンで使い放題系のプランを契約していても、データシェアする無線LAN STICKには容量制限が課される点には注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅴ(4月にⅥへアップデート予定)の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも4月7日までに申し込めばプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

ちゃんとした固定回線を契約したいなら楽天ひかりとセットで契約するのがおすすめ。楽天モバイルとセットなら月額料金は最大1年間無料で利用できるので、どの固定回線よりも圧倒的にお得に契約できます。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました