最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
モバイルWi-Fiルーター

auの無線LAN STICKがWi-Fiを利用したい人にはおすすめできない理由

Wi-Fiの接続可能なSSID一覧 モバイルWi-Fiルーター

2021年1月22日よりauからスティック型のLTE対応無線LANルーター、無線LAN STICK KTD31が発売されました。auのスマートフォンユーザーならたったの月額550円、それも3年間は半額の月額275円で無線LAN環境を構築できるという代物です。

しかしこの無線LAN STICK、対応デバイスしか通信できないというなかなか癖がある製品だったりします。少なくともゲーム機やPC等でWi-Fiを利用したいと考えているなら、無線LAN STICKはおすすめしません。

ルーターとしての性能もかなり低めですし、無線LAN STICKを購入、契約するならかなり注意が必要です。

ただ使い方によってはこの無線LAN STICKをおすすめできるようなケースも存在します。そこで無線LAN STICKの特徴や注意点について簡単にまとめておきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

auの無線LAN STICK KTD31とは

auの無線LAN STICK KTD31は、良い意味でも悪い意味でも普通の無線LANルーターではありません。

厳密な話をすると、これはWi-Fiルーターではないのです。

無線LAN環境を構築するためのスティック型ルーター

無線LAN STICKはUSBで給電するだけでLTEに繋がるルーターとして動作します。WiMAX 2+やSoftBank Airといったホームルーターのようなものですね。

対応している無線LANの規格はIEEE 802.11b/g/n、周波数的には2.4GHzのみの対応となり、電波干渉を起こしにくい5GHzには対応していません。また最大接続数は10台です。

LTEの対応バンドはBand 1/3/18/26。通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsまで対応しています。

専用料金プランは月額550円、37か月間は半額で利用可能

本体価格は税込6,480円。回線契約が必要なので別途月額料金も必要です。

料金プランは専用の「無線LAN STICKプランds」が月額550円で提供されます。ただしauのスマートフォンユーザーのみが契約可能です。

高速データ容量はスマートフォンとシェアする形式となっています。2021年3月から提供開始予定のデータ使い放題の新料金プラン「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」と紐付けた場合にどうなるのかはまだ不明ですが、これらはのプランは使い放題を謳っているものの、テザリングやデータシェアには月間30GBの上限を設けているので、無線LAN STICKにも同等の制限が設けられるかもしれません。

なお月額料金について、無線LAN STICKおトク割が適用されると最大37か月間は半額の275円で利用することが可能です。適用条件は専用プランを契約することだけなので、条件はないに等しいですね。

対応デバイス以外は通信不可能

もっとも注意しないといけないのが、無線LAN STICKは対応デバイスのみ接続することが可能で、対応デバイス以外の機器は通信不可能だということです。

本来Wi-Fiに対応している製品は、対応製品同士ならメーカーが異なっていても通信することが可能です。しかし無線LAN STICKの場合は、Wi-Fiが搭載されている機器なら何でも利用できるというわけではありません。

そもそも無線LAN STICKは「無線LANルーター」であって、「Wi-Fiルーター」ではありません。ここを混同して紹介しているサイトが多いですが、公式サイトには「Wi-Fi」という表記が一切なく、一貫して「無線LAN」対応を謳っています。

超絶ざっくりと説明すると、無線LANとWi-Fiはまったく同じものではなく、異なるメーカーの機器であっても相互に接続可能であることを保証されているのがWi-Fiです。

そのため無線LAN STICKは他のモバイルWi-Fiルーターや、固定回線の代替にはなり難いです。

無線LAN STICKが選択肢としてアリになるのは、auのスマートフォンを契約していてかつ対応デバイスでのみWi-Fiを利用したいという場合に限られます。

無線LAN STICKと接続可能な機器

具体的な接続可能機器は、発売時点ではAmazonデバイスとau HOMEデバイス、それにタブレットのTCL TAB 10sのみが案内されています。

それとは別に接続可能であることを確認した機器についても公開されており、それによるとAmazonデバイスはEcho Show 5やEcho Show 8、第3世代Echo Dotや第2世代&第3世代のEchoなどが使用可能だそうです。

無線LAN STICKの契約をおすすめできるケースとは

既に固定回線を契約していてWi-Fi環境があるのであれば、無線LAN STICKを追加で契約するメリットは皆無です。

固定回線を引いていない、もしくはモバイルWi-Fiルーターを契約しているものの家族の誰かが家から持ち出すことがあるのであれば、無線LAN STICKを契約する意味があります。

Echo DotなどはスマートフォンのWi-Fiテザリングでも使えなくはありませんが、その都度テザリング機能を有効化するのは非常に面倒です。無線LAN STICKがあればそんなことをしなくても、格安の料金で対応デバイスを常時インターネットに接続しておけます。

まあ今時固定回線を引いていない家庭は珍しくないとしても、スマートスピーカーを持っていながらPCを持っていない人がどれだけ存在するのか、いささか疑問ではありますが…

もしくはEcho Dotを車載して音楽を聴くためだけに契約するなんてのもアリ…かも…?

“Wi-Fi”を利用したいなら他のインターネットサービスをおすすめ

とにかく接続可能な機器が限られている無線LANルーターである以上、普通にWi-Fiを利用したいのであれば無線LAN STICKはやめておいたほうが良いです。

大量に通信したり、高速で安定した通信を行いたいなら固定回線を引くべきですし、そうでなくても対応デバイス以外でインターネットを利用したいなら他の選択肢から検討するしかありません。

それよりも楽天モバイルなら今から申し込めばまだ1年間無料で利用できますし、1年間無料キャンペーンが終了しても毎月のデータ通信量が1GB未満なら月額料金は半永久的に無料です。

しかもアンケートキャンペーンでルーター端末も実質無料で手に入るので、格安でWi-Fi環境を構築したいなら楽天モバイルを申し込みましょう。

まとめ

auの無線LAN STICKは接続可能な機器がかなり限定的なので、固定回線や普通のモバイルWi-Fiルーターの代替として運用するのは難しいです。

普通にWi-Fiを利用したいなら他のサービスを検討しましょう。

もし対象のデバイスを使いたくてニーズに合致している希少な方がいれば、無線LAN STICKはauオンラインショップやau +1 collection取扱店などで購入可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅴ(4月にⅥへアップデート予定)の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも4月7日までに申し込めばプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました