最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
モバイルWi-Fiルーター

高速大容量のモバイルWi-Fiルーターが欲しいならY!mobileがおすすめな理由

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーターがおすすめである理由を解説する記事 モバイルWi-Fiルーター

新型コロナウイルスの対策としてテレワークが推進された結果、モバイルWi-Fiルーター市場においては特にレンタルサービスが盛況でどんどん在庫がなくなっていっているようです。

枯渇しているのは商品の在庫だけでなく、ネットワークの帯域も混雑してきて通信速度が低速化しているなんて話もちらほら耳にします。それ以外にも通信障害でまともに繋がらなかったり、100GBも通信してないのに速度制限がかかったなどのトラブルも多発しているようですが…

そんな今、モバイルWi-Fiルーターを契約するならY!mobileのPocket WiFi 803ZTが狙い目です。

4G LTEによる1Gbps級の高速通信に対応していながら、今なら機種代金が大幅に割引されて1万円ほどで購入可能。3日間制限はあるものの、アドバンスオプションを利用すれば高速データ通信容量の上限を気にせずに使えます。

また契約期間に縛りはなく、SIMロックを解除してFUJIWifiなど再販系の格安SIMで運用することも可能です。

このPocket WiFi 803ZTが売り切れるのも時間の問題のような気はしますが、これをおすすめする理由を簡単に解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4G LTEによる1Gbps級の高速通信に対応

最近クラウドSIM対応を謳うモバイルWi-Fiルーターが流行っていますが、クラウドSIM搭載のモバイルWi-Fiルーターはどれも通信速度関係のスペックが低く、軒並み下り最大150Mbps止まりとなっています。採用されている機種はGlocalMe G3やU2sなどが多いですが、最新型のG4でも下り最大150Mbpsです。

またクラウドSIMではそもそも品質の低い回線に接続される可能性があるので、通信速度を重視する方にクラウドSIM搭載のモバイルWi-Fiルーターは向いていません。

一方でY!mobileはSoftBankのサブブランドなどと呼ばれたりしますが、運営しているのは同じソフトバンク株式会社で回線はキャリア品質そのものです。

しかもY!mobileで取り扱っている機種なら、5G非対応でも4G LTEによる下り最大988Mbpsの高速通信に対応しています。これは複数の異なる周波数帯の電波を束ねて通信するCA(キャリアアグリゲーション)に加えて、4×4 MIMOや変調方式256QAMといった通信技術によるものです。

下り最大150Mbpsや下り最大988Mbpsといった数字は理論値とはいえ、実行速度でも大きな差が生じる可能性が高いでしょう。

通信速度を重視するなら、Y!mobileのような大手キャリアのモバイルWi-Fiルーターを契約すべきです。

ギガビット級の高速モバイルWi-Fiルーターが格安で購入可能

機種 定価(税込) キャンペーン価格(税込)
Pokcet WiFi 803ZT 28,800円 10,800円
Pokcet WiFi 801HW
Pokcet WiFi 701UC

そんな高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安で販売されているというのも、Y!mobileをおすすめしたい理由の1つです。

Y!mobileのPocket WiFiはいずれも定価が28,800円とそこそこ値が張りますが、現在新規契約すると18,000円割引かれて10,800円で購入することが可能になっています。しかもワイモバイルオンラインストアで購入すれば事務手数料は無料です。

市販されているSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターも大概1万円以上しますが、最大通信速度は軒並み150Mbps止まりでそんなに性能は良くありません。それらと比べると圧倒的に高性能でありながら1万円ちょっとで手に入るY!mobileのPocket WiFiは破格です。

現在Y!mobileでは端末のみ購入することは不可能で回線契約が必須ですが、昔とは違って2年縛りや3年縛りといった契約期間の縛りがないため、解約したくなったらいつでも無料で解約できます。まあ契約後すぐに解約するようなことは推奨しませんが…

極端な話、Y!mobile回線は不要だけれどもSoftBank回線に対応している高性能なモバイルWi-Fiルーターが欲しいという方にもおすすめです。

高速データ通信容量が上限なしで使い放題

Y!mobileのPocket WiFiではアドバンスオプション、アドバンスモードと呼ばれるオプションサービスが提供されています。

これを利用すると高速データ通信容量の7GB制限が撤廃され、上限なしで使い放題となるのです。

アドバンスオプション利用時の月額料金は税込で4,817円。もっと低価格のモバイルWi-Fiルーターはいくらでもありますが、上限なしで使い放題ということを考慮すればこんなものでしょう。

アドバンスモードは標準モードと比べると利用可能な電波の周波数帯が限られるため、繋がるエリアが狭くなるというデメリットがありますが、テレワーク用途なら自宅で繋がれば十分です。

他のデメリットとしては、混雑回避など通信品質確保のための速度制御があるので完全に無制限というわけではありませんが、日中については1日で10GBどころか100GB以上通信しても低速化することは絶対にありません。

テレワークのような仕事に使用するのであれば夜間の低速化は問題ないでしょうし、使い放題といっても良いでしょう。WiMAX 2+のギガ放題もそうですが、日中限定とはいえ絶対に速度制限が行われないアドバンスモードは非常に安心感がありますよ。

混雑回避など通信品質確保のための速度制御とは

Y!mobileでは混雑回避など通信品質確保のために速度制御が行われる場合があります。

具体的には前日までの3日間のデータ通信量が10GBを超過していた場合、当日18時から翌日1時までの7時間のみ、通信速度が最大1Mbps程度に制限されるというものです。

1MbpsはYouTube等の動画を標準画質で再生できるレベルの通信速度とされています。通常時と比べれば遅いのは確かですが、読み込みに多少時間がかかるようになるだけでまったく使い物にならないというわけではありません。

またテレワークで重要なリモートデスクトップのような遠隔操作ソフトも、1Mbpsくらいのスピードでも十分可能なので、万が一速度制限時に使うことがあってもさほど問題にはならないでしょう。

これは公式に謳われているわけではありませんが、実際に通信速度が低速化するのは下りの通信のみで、上りについては低速化しなかったりします。私自身、過去にアドバンスモードを利用したことがありますが、3日間あたり10GB以上通信しても上りはずっと高速通信が可能でした。

SIMロック解除すればFUJIWifiなど再販系の格安SIMで通信可能

マニアックな話になりますが、Y!mobileのモバイルWi-Fiルーターをおすすめする再度の理由は、SIMロックを解除すれば他社の格安大容量SIMカードで使用可能になるということです。

現在多数の事業者からSoftBank回線の大容量SIMカードが格安で提供されていますが、市販されているSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターはほとんどがdocomo回線に最適化されていて、SoftBank回線だとやはり大した通信速度が出ないんですよね。

例えば大人気のAterm MR05LNは下り最大375Mbpsを謳っていますが、これはdocomo回線で通信する場合の話。docomo以外の回線のCAには対応していないので、SoftBank回線だと150Mbps止まりということになります。

SoftBank回線で快適に通信したいなら、SoftBankやY!mobileで販売されている端末をSIMロック解除して使用するのがベストです。

先ほども述べたように、Y!mobileでは回線契約が必須なので端末のみ購入することは不可能ですが、契約期間の縛りはありません。しばらくY!mobileの契約で使用した後、端末のSIMロックを解除してから解約しましょう。

そうすれば【FUJIWifi】に代表されるような再販系と呼ばれる格安大容量のSIMカードで運用することが可能になります。

Y!mobileでおすすめのモバイルWi-Fiルーター

Y!mobileが取り扱っているモバイルWi-Fiルーターでおすすめの機種を紹介します。

Pocket WiFi 803ZT

現在ワイモバイルオンラインストアで購入可能なモバイルWi-Fiルーターで1番おすすめなのはPocket WiFi 803ZTです。

下り最大988Mbpsの高速通信に対応していて、別売の専用クレードルを使用すれば有線LANで接続することも可能。同時接続数も最大16台となかなかな数字です。

公式にSIMロック解除に対応しているので、端末代金を一括で支払えば契約後すぐにMy Y!mobileからSIMロックの解除を申し込めます。インターネットで手続きすれば費用は無料です。

この803ZTは今個人的に1番おすすめしたいモバイルWi-Fiルーターですが、似たような性能のPocket WiFi 801HWがワイモバイルオンラインストアでは既に在庫切れになっているので、803ZTが売り切れるのも時間の問題のような気はします。

まとめ:高速大容量のモバイルWi-Fiルーターが欲しいならY!mobile!

レンタルでクラウドSIM系のモバイルWi-Fiルーターが人気のようですが、通信が不安定で速度も期待できないクラウドSIM系よりも、私はY!mobileのPocket WiFi 803ZTをおすすめします。1万円でこのスペックは間違いなく破格です。

Y!mobileよりも月額料金が安いサービスは他にいくらでもありますが、日中は絶対に速度制限がかからず使い放題なのが最大のメリット。特にテレワークのような仕事に使用するのであれば、ありがたい仕様ではないでしょうか。

テレワーク用途でなくても単純に高速大容量のモバイルWi-Fiルーターが欲しい人、特にSoftBank回線に対応した高性能なモバイルWi-Fiルーターが欲しい人におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT 2.0の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも今ならプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

申し込む際に楽天モバイルID【2020040810791】を入力すると楽天ポイントが2,000P貰えます。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました