ZTE製のPocket WiFiを購入してはいけないたった1つの理由

ZTE製のPocket WiFIに注意 Pocket WiFi

Pocket WiFiは複数のメーカーによって製造されていますが、その1つが中国メーカーのZTEです。

ZTEはPocket WiFiだけでなく、スマートフォンも製造しています。最近だとdocomoの2画面スマホ、M Z-01Kが話題になりましたね。

しかし今後はZTE製のPocket WiFiを購入しないほうが良い…かもしれません。

ZTE製のPocket WiFiを購入してはいけない理由

ZTEはいくつかの問題を起こしたため、アメリカ政府によってアメリカ企業がZTEに製品を輸出することを禁止されてしまいました。

現在アメリカは対北朝鮮や対イランの制裁措置を行っていますが、ZTEはこれに反して違法に製品を輸出し、さらにアメリカ政府に対して虚偽の報告を行っていたのです。

これが悪質とみなされ、アメリカ企業がZTEに製品を販売することを今後7年間禁止するとしました。

アメリカ企業の製品が使えなくなると、スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターの開発製造が非常に困難になります。

チップセットなどはアメリカ企業以外の製品を採用すれば大丈夫ですが、Googleのアプリが使えなくなるのはかなりの痛手です。また最悪の場合、Android OSの使用も禁止されるかもしれません。

しかもこのニュースが報じられた後、国内のZTE製品である問題が発生しました。

SoftBank/Y!mobileのZTE製品はアップデートが不可能に

SoftBankが2018年4月26日に発表した内容によると、ZTE製品にソフトウェア更新を提供しているサーバーが停止しているため、ソフトウェア更新が不可能な状態となっています。

どうやらZTEはスマートフォン事業を売却する方向で動いているらしく、既に主要な事業を停止していることが発表されました。

ソフトウェア更新を行わなくても、製品自体を使い続けることは可能です。しかしセキュリティ的には好ましくありません。

もし将来的に脆弱性が発覚したとしても、ソフトウェアを更新できなければ対策のしようがないからです。

アップデートは再開されたものの…

その後、アメリカが罰金を支払わせる代わりにZTEへの制裁を限定的に解除しました。

しかしZTEに対する監視は続けていますし、最近は同じ中国メーカーであるHuaweiを世界的に排除していく方向で動いています。

今のところHuaweiがスパイウェアなどアウトなものを仕込んでいたという確かな証拠はないので、個人的にはアメリカの言いがかりではないのかと思っていますが、本当に排除されるとなったらそんなことは関係はありません。

たとえHuaweiが悪くなくても前回のZTEのように一切のアップデートが行われなくなると、それこそセキュリティ的に危うい状態に晒されることになってしまうからです。

現時点では過剰に気にする必要はありませんが、アップデートが行われなくなると本当に危険な状態になってしまうということは頭の片隅にでも入れておきましょう。

まとめ

アメリカからZTEへの制裁は限定的に解除されたものの、むしろHuaweiと丸ごと日本から排除されそうになっています。

過剰に気にする必要はありませんが、もし不安なら中国メーカー以外のモバイルWi-Fiルーターを購入するようにしましょう。

主要なモバイルWi-Fiルーターサービスのメーカーについては下記の記事にまとめてあります。

主要なモバイルWi-Fiルーターサービスの端末メーカーまとめ
日本国内でもHuaweiやZTEといった中国メーカーを排除する動きがニュースで報じられるようになってきましたね。 そうでなくても中国メーカーのモバイルWi-Fiルーターを使いたくない、国内メーカーの製品を使いたいという方は一定数存在す...
Pocket WiFi
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました