Pocket WiFi 603HWをSIMロック解除して格安SIMで使ってみた

Y!mobileのPocket WiFi 603HW Pocket WiFi

Y!mobileのハインエンドモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFi 603HWの中古品を手に入れたので非公式な方法でSIMロックを解除しました。

603HWは公式にSIMロック解除が可能な機種ですが、Y!mobileと契約した本人以外が解除手続きすることはできません。そこで非公式な方法ではありますが、25ドルで海外業者にSIMロック解除コードを発行してもらって603HWをSIMフリー化しました。

こうしてSIMフリーの603HWを手に入れたわけですが、本当に他社のSIMカードで使えるようになっているのか、またどの周波数帯・バンドで通信することが可能なのか気になります。

そこで手持ちのSIMカードを使って調べてみました。

ちなみに兄弟機のPocket WiFi 601HWや602HWも中身は603HWとほぼ同じなので、参考になるかと思います。

Pocket WiFi 603HWを非公式な方法でSIMロック解除

私はY!mobileと契約してPocket WiFi 603HWを手に入れたわけではなく、いわゆる白ロムを購入しました。なので公式な方法ではSIMロックを解除できません。

それを理解した上で白ロムを購入し、非公式な方法でSIMロック解除を試みてみました。

603HWのSIMロック解除にはv4 codeが必要

先日、同じHuawei製のPocket WiFi GL10Pを非公式な方法でSIMロックの解除に成功しました。

Huawei製のPocket WiFi GL10Pを非公式な方法でSIMロック解除してみた
SoftBankやサブブランドのY!mobileから提供されているPocket WiFiは、基本的にSIMロックがかかった状態で販売されています。 2015年5月1日より、携帯電話会社は販売した端末のSIMロックを解除することが義務化...

このGL10Pを同じように無料でSIMロックを解除できないかといろいろ試してみましたが、どうやら603HWのアンロックに必要なv4 codeを無料で入手することは難しいようです。

v4 codeを解析するためのフリーソフトを探していくつも試してみましたが、日本向けにローカライズされているせいかソフトに認識されず、603HWでは使えませんでした。

またベータ版として対応リストに掲載していたDC-unlockerも試してみましたが、こちらもソフト自体が認識しません。中の人に問い合わせて相談してみましたが、その機種とファームウェアバージョンでは成功した報告がないので無理だろうとのことでした。

IMEIからv4 codeを解析してくれる海外業者に依頼

そこで自力でSIMロック解除コードを発行することは諦めて、RouterUnlockに依頼してIMEIからv4 codeを解析してもらうことにしました。

私が調べた限りでは、IMEIからv4 codeを解析する方法を確立している業者はまだほとんど存在しませんでしたが、RouterUnlockeはさらに新しいv5 codeにも対応しています。

ちなみに2019年1月現在ではEggbone Unlocking GROUPHuawei Calculatorなど、他のサイトもv4 codeやv5 codeに対応してきているようです。

しかし当時は他に選択肢がなかったですし、通常35ドルの発行料金が25ドルの割引価格になっていたので早々に申し込みました。

本当にSIMロックを解除できるのかという不安ありましたが、PayPal決済に対応しているのでクレジットカードの情報が盗まれて不正利用される心配はなく、そういった意味では安心して申し込めます。

発行にかかる日数は1~5日となっていますが、私の場合は5時間も経たないうちにSIMロック解除コードを記載したメールが送られてきました。

603HWに他社SIMを挿入してSIMロック解除コードを入力

Pocket WiFi 603HWのSIMロック解除コード入力画面

603HWは他社のSIMカードを挿入して電源を入れるだけで、SIMロック解除コードの入力画面が表示されます。

その画面で16桁のv4 codeを入力すると、あっさりとSIMロックの解除に成功しました。

ただコメントで報告いただいた方々の成功率は半々なので、必ずしも正しいコードが発行されるわけではなさそうです。。

SIMロック解除したPocket WiFi 603HW

docomo、mineo Dプラン、UQ mobileの3種類のSIMカードで動作確認を行いましたが、いずれも標準モードでは問題なく通信することが可能でした。

ところが通信モードをアドバンスモードに切り替えると圏外になってしまいました。後日FUJIWifiのSIMカードで試してみましたがこちらも同様の結果に。

アドバンスモードはY!mobileの対象プランを契約しているSIMカードでないと通信できないようです。

Pocket WiFi 603HWが対応しているLTEの周波数帯・バンド

周波数帯(バンド) docomo au SoftBank
2.1GHz(Band 1)
1.7GHz(Band 3)
900MHz(Band 8)
1.5GHz(Band 11)
2.5GHz(Band 41)
3.5GHz(Band 42)

603HWが対応しているLTEの周波数帯・バンドについて、大手携帯電話各社の対応状況をまとめました。

なお603HWはY!mobileの製品ですが、Y!mobileはSoftBankのサブブランドなのでSoftBankと同等だと考えていただければ大丈夫です。

SoftBank回線に最適化して作られた端末なのでSoftBank回線と相性が良いですが、docomoとauのLTEも3つ以上の周波数帯で対応しているのでそれなりに使えるんじゃないかと思われるかもしれません。

しかし2.5GHz帯(Band 41)と3.5Gz帯(Band 42)については注意が必要です。

WiMAX 2+で使用されている2.5GHz帯(Band 41)との互換性について

603HWは2.5GHz帯に対応していますが、SoftBankやY!mobileが提供している2.5GHz帯のAXGP回線と、auやWiMAX 2+で提供されている2.5GHz帯のWiMAX 2+回線では、利用している周波数帯にやや開きがあります。どちらも同じ2.5GHz帯ですが、互換性があるとは限らないのです。

つまり603HWは2.5GHz帯に対応しているものの、いわゆるWiMAX 2+回線にも対応しているかどうかは分かりません。

これは603HWに限った話ではなく、2.5GHz帯に対応していると謳っていても実際はAXGPとWiMAX 2+のどちらか一方しか使用できない端末は珍しくないです。

当初はアドバンスモードに切り替えれば判別できると思っていました。しかしどうやらau系のSIMカードでは一律で圏外になってしまうようなので、WiMAX 2+回線に対応しているかどうか調べることはかなり難しいです。

とはいえ、機会があれば調べてみたいと思います。

仮にWiMAX 2+回線が非対応だとすると、603HWをau系のSIMカードで使用する場合は2.1GHz帯と1.5GHz帯、そして3.5GHz帯の3種類のみ利用することが可能です。

docomoの3.5GHz(Band 42)はCA専用バンド

またdocomoでは3.5GHz帯をキャリアアグリゲーション(CA)専用で運用していることをご存知でしょうか。

キャリアアグリゲーションとは、複数の電波を束ねて同時に通信する技術のことです。

603HWを例にすると、SoftBankの2.5GHz帯と3.5GHz帯をキャリアアグリゲーションで束ねることによって下り最大612Mbpsの超高速通信を実現しています。

つまりdocomoの3.5GHz帯で通信するためには、2.1GHz帯か1.7GHz帯、あるいはその両方とキャリアアグリゲーションを行う必要がありますが、603HWが対応しているキャリアアグリゲーションの組み合わせは公表されていないので、実際に3.5GHz帯で通信できるかどうかは不明です。

一応SoftBankではCA_3A-42C、つまり1.7GHz帯と3.5GHz帯でキャリアアグリゲーションが行われているので、603HWがこの組み合わせに対応しているならdocomoの3.5GHz帯でも通信できます。

しかし仮に対応していたとしても、docomoの1.7GHz帯は東名阪エリア限定で運用されているので、3.5GHz帯の恩恵を受けられるユーザーは限定的になるでしょう。

格安SIMよりもSoftBank回線のFUJIWifiがおすすめ

docomoやau系の格安SIMで使用することは可能ですが、やっぱりおすすめはSoftBank回線の【FUJIWifi】です。

FUJIWifiは小容量のプランこそ提供されていませんが、大容量プランのコストパフォーマンスは圧倒的に優れています。

例えばSIMカードのみレンタルするSIMプラン(通常プラン)の月額料金はこのような感じです。

プラン名 月額料金
20ギガプラン 2,400円/月
50ギガプラン 3,100円/月
100ギガプラン 3,800円/月
200ギガプラン 4,800円/月

標準的な格安SIMは3GBで900円/月、10GBで2,500円/月くらいですが、ギガ単価はFUJIWifiの比になりませんよね。

また通信速度についても、格安SIMはどうしてもキャリア品質より劣りますし、混雑するエリアでは低速になりがちで不安定といったデメリットがあります。

しかしFUJIWifiではSoftBankユーザー向けのAPNが提供されているので、SoftBankと完全に同等の品質、スピードで通信することが可能です。

603HWの性能を100%引き出すためにも、高品質な回線を提供しているFUJIWifiを契約するのがベストでしょう。

まとめ

Pocket WiFi 603HWは本来Y!mobileから購入した本人以外がSIMロックを解除することができませんが、業者に依頼すれば有料でSIMロック解除コードを手に入れることが可能です。

SIMフリー化するとSoftBank回線だけでなく、docomo回線やau回線でも通信できるようになります。しかし603HWの性能を100%引き出すためには、やはりSoftBank回線で通信するのがベストです。

またSoftBank回線のサービスであっても、いわゆる格安SIMはおすすめしません。通信速度が遅い格安SIMではなく、SoftBankと同等の品質で提供されていてコストパフォーマンスが抜群のFUJIWifiをおすすめします。

FUJIWifiのお申し込みは↓の緑のボタンからどうぞ。

Pocket WiFi
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

  1. ロボ より:

    自分もしてみましたが、25ドルをドブに捨てる結果となりました…

    • Ame Ame より:

      機種はPocket WiFi 603HWということでよろしかったでしょうか。

      既に確認されているとは思いますが、業者に知らせた製造番後(IMEI)と端末に入力したSIMロック解除番号に間違いはありませんか?

      どうしてもダメだったら業者に返金を要求してみるくらいしか方法がないですね…

  2. ロン より:

    他の方のコメントで不安になりましたが、一か八かやってみたらあっさり成功しました。ドコモで接続できました。APNを設定するまでは圏外でした。ソフトウェアバージョンは1.37です。ありがとうございました。

  3. SW より:

    こちらを参考に603HWのSIMロック解除を考えています。
    RouterUnlockを見ると601HWの項目しかないんですが、そちらのリンクから依頼すればいいのでしょうか?

    • Ame Ame より:

      個別に対応済みですが、他にも不安に感じる方がいらっしゃるかもしれないので補足しておきます。

      大事なのはv4 codeを発行してもらうことなので、601HWのページから依頼しても大丈夫です。もし心配ならサイト内検索用の検索ボックスが用意されているので、ここで603HWや602HWで検索すればそれぞれのページが表示されます。

      ただし申し込みページは共通なので、どの機種のページからアクセスしても結局は同じことです。

  4. yuu より:

    2019/1/7 RouterUnlockeへ603HW解除依頼

    解除不可のため返金処理されています。現在、ステータスは{売り切れ}に変わっています

    603HWのコード発行が可能な類似サイトがありましたら、共有頂けると助かります

    • Ame Ame より:

      解除不可でしたか…ご報告ありがとうございます。

      現在は他にもv4以降のSIMロック解除に対応しているサイトがいろいろありそうですね。ちょっとググってみただけでもいくつかヒットしました。いずれも対応機種リストに601HWや603HWが載っています。

      ちなみに前者はSIMロック解除コードを19ドルで購入しなくても6ドルでSIMロック解除可能、希望者は問い合わせてくれ、なんて書かれていますが実際に試したことはないですし詳細は不明です。。

      • アル より:

        同じく売り切れ前にRouterUnlockeで購入したものの音信不通で返金申請中で
        残りのEggbone Unlocking GROUP、Huawei Calculatorも購入したものの同様です。
        これってもはや手詰まりで完全終了でしょうか・・

        • Ame Ame より:

          RouterUnlocke以外のサイトもダメそうなのですか…そこまで深刻そうな事態になっているとは思いませんでした。。

          つい最近、昨年の12月上旬頃にLINE@でSIMロックの解除に成功したという報告をいただいたばかりだったのですが…ちょっと雲行きが怪しそうですね。

          もし仮に他のサイトでも解除不可となった場合、DC-unlockerくらいしか方法はないかと思われます。以前試してみた際、603HWは認識されませんでしたが。。

          ちなみにクレジットを購入しなくてもDC-unlockerのソフト自体は使えるので、試しに使ってみるならクレジットは購入しないように気をつけてください。

          • アル より:

            ご返信どうもでした

            後から購入したEggbone Unlocking GROUP、Huawei Calculatorは既に返金処理されましたが
            なぜか先に購入したRouterUnlockeは未だに音信不通の返金申請中のままです。

            DC-unlockerを試してみましたが601HWも603HWも認識されませんでした。
            完全に手詰まりです(>_<) 何か朗報を期待したいですね。

          • Ame Ame より:

            RouterUnlockのコメント欄にて、SIMロック解除コードの発行を停止しているのはHuaweiのサーバーの停止が原因、再開するまで待ってくれなどと書き込まれていますね。

            どれくらいの日数がかかるかは分かりませんが、無事再稼働してくれると良いですね。。

  5. アル より:

    なるほど・・そうだったんだですか 再開したらもう一度チャレンジしたいですね

    > Eggbone Unlocking GROUP
    > Huawei Calculator
    > ちなみに前者はSIMロック解除コードを19ドルで購入しなくても6ドルでSIMロック解除可能、希望者> > は問い合わせてくれ、なんて書かれていますが実際に試したことはないですし詳細は不明です。。

    これ6ドルで可能なんでしょうかね?
    文章を翻訳するとなんちゃら解除モードなら6ドルで可能とかありますが・・
    もし本当に6ドルで可能なら救世主ですね!

  6. 通りすがり より:

    本日Eggbone Unlocking GROUPより連絡が来ました

    Hello friend,
    Unlock code is now available for your device but the price is currently high.
    Please may be lower in next couple weeks but we are very sure.

    安く提供するにはもうちょっと時間が掛かるみたいです

  7. チラ見 より:

    603hwいずれのサイトも納期オフラインや除外されてます。残念。

  8. Tomo より:

    昨日、Eggbornで504HWのロック解除コードを得ました。問題なくSIMロック解除できました。Paypalにて支払いは USD28でした。

  9. チラ見 より:

    ↑の書き込みを見てすかさず申込。
    12~48時間コースUSD48

    遅くて安いコース
    1日~14日USD28

    私は勢いで12~48時間コースを申し込みました。

  10. xman008 より:

    Eggboneでコードを申し込みましたが、603HWはv4ではなくv5らしいです。
    v4で申し込んだらv5を買ってくれと、返信が返ってきました。
    >Your order has been cancelled because your device needs v5 unlock code.
    >Please go here and buy V5 unlock code.

    ちなみにv5は現在USD28です。

    • xman008 より:

      本日コードが届き、無事に解除出来ました。

      • DECADE より:

        初めまして
        Eggboneでコードを申込して何日くらいでコードは届きましたでしょうか?

        覚えていましたらご回答頂けると助かります。宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました