Pocket WiFiでグローバルIPアドレスを利用するための唯一の方法

ノートパソコンを操作する女性 Pocket WiFi

SoftBankやY!mobileブランドから提供されているPocket WiFiはグローバルIPアドレスではなく、プライベートIPアドレスが割り当てられています。

そのためリモートデスクトップやWake-on-LANなど、グローバルIPアドレスを必要とする使い方は基本的に不可能です。

しかしPocket WiFiでもグローバルIPアドレスが使える方法が1つだけあります。それはインターリンクが提供している有料サービスのマイIPです。

そこでこの記事ではPocket WiFiにおけるマイIPの使い方について解説します。

念のため初めに断っておきますが、Pocket WiFiとはSoftBankやY!mobileの商標、サービスです。その他の会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターについては下記の記事をお読みください。

グローバルIPアドレスが利用可能なモバイルWi-Fiルーターまとめ
モバイルWi-FiルーターでグローバルIPアドレスを使いたい方向けに、対応しているサービスをすべて調べてまとめました。 結論から述べると、SoftBankやY!mobileブランドのPocket WiFiは対応していませんが、doco...

Pocket WiFiでグローバルIPアドレスを利用する方法

大半のモバイルWi-Fiルーターがそうであるように、SoftBankやY!mobileが提供しているPocket WiFiもプライベートIPアドレスが割り当てられます。

過去にはY!mobileブランドからグローバルIPアドレスが割り当てられる料金プラン「ステップグローバルIP」が提供されていましたが、現在は受付を終了していて新たに申し込むことはできません。

しかしインターリンクのマイIPを利用すれば、Pocket WiFiでグローバルIPアドレスを使えるようになります。

マイIPならPocket WiFiでもグローバルIPアドレスが利用可能

マイIPとは、VPNを利用することで固定のグローバルIPアドレスを使用可能にするサービスです。

VPNを切断すると元のIPアドレスに戻ってしまうため遠隔で電源を投入するWake-on-LANには使えませんが、Pocket WiFiとパソコンの電源を入れっぱなしにしておけばリモートデスクトップで遠隔操作を行うことは可能になります。

初期費用無料、月額料金は1,000円/月。ただし最大60日間は無料体験することが可能です。

これならPocket WiFiでもグローバルIPアドレスを使えるようになりますが、マイIPを利用するためには1つ条件があります。

それはVPNパススルー機能を搭載しているPocket WiFiが必要だということです。

VPNパススルー機能を搭載しているPocket WiFi

  • Pocket WiFi 303ZT
  • Pocket WiFi 304ZT
  • Pocket WiFi 305ZT
  • Pocket WiFi 601ZT

最近発売されたPocket WiFiでVPNパススルー機能を搭載していることが明記されているのはこの4機種に限られます。

SoftBankブランドは個人向けモデルの303ZTと法人向けモデルの304ZT、Y!mobileブランドは305ZTと601ZTのそれぞれ2機種です。

ちなみに303ZT/304ZT/305ZTは型番こそ違うものの兄弟機なので、端末仕様はほとんど差がありません。

他にもY!mobileがSoftBankに吸収されるよりも前、EMOBILE時代に取り扱っていたGL06Pなど一部の機種も搭載していますが、現役で使っている方はなかなかいないでしょう。

これら4機種のいずれかのPocket WiFiを使っている方は、そのままマイIPを利用することが可能です。

Pocket WiFiの白ロム購入時の注意点

逆にこの4機種以外を使っている方は、マイIPを申し込んでもそのままでは利用できません。VPNパススルー機能を搭載しているPocket WiFiに買い替える必要があります。

買い替える方法は2つあって、1つは正規の手続きで機種変更する方法。もう1つはAmazonなどで白ロム端末を購入して、自分でSIMカードを挿しかえる方法です。

ただし前者については303ZTや305ZTは既に取り扱いを終了しているので、機種変更で手に入れるのは難しいでしょう。Y!mobileの601ZTは現行機種として取り扱われているので大丈夫です。

また後者については、現在契約しているプランによってはSIMカードを挿しかえても白ロムを使えない恐れがあります。SoftBankもY!mobileも、SIMカードを挿しかえることによる動作の保証は行っていません。

白ロムの購入は自己責任で行いましょう。確実にマイIPを利用したいのであれば、機種変更をおすすめします。

ちなみに機種変更手続きは公式オンラインストアがおすすめです。インターネットなら手続きのために長時間待たされることはありませんし、頭金等の余計な費用を支払わされることもありません。

Pocket WiFiにおけるマイIPの使い方

VPNパススルー機能を搭載しているPocket WiFiを手に入れたら、あとはマイIPを申し込んでVPNを設定するだけです。

マイIPの使い方、およびVPNの設定方法については下記の記事を参照してください。

マイIPでモバイルWi-Fiルーターを固定グローバルIPアドレス化する方法
WiMAX 2+やPocket WiFiといったモバイルWi-Fiルーターで固定IPアドレスを使いたいという方は一定数いらっしゃるでしょう。 そこでIPアドレスを固定のグローバルIPアドレス化するマイIPというサービスの使い方を解説し...

まとめ

Pocket WiFiで割り当てられるのはプライベートIPアドレスですが、唯一マイIPを利用すれば固定のグローバルIPアドレスを使用することが可能です。

ただしマイIPはVPNを利用するので、Pocket WiFiがVPNパススルー機能を搭載している必要があります。非搭載機種を使用している場合は公式オンラインストアで機種変更するのがおすすめです。

Pocket WiFi
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました