最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
モバイルWi-Fiルーター

解約済みのPocket WiFiを他社SIMでソフトウェア更新する方法

スマートフォンを操作している女性 モバイルWi-Fiルーター

私はPocket WiFi 603HWの白ロム購入後、SIMロックを解除してFUJIWifiのSIMプランで運用しています。

ところがFUJIWifiなど他社のSIMカードを挿した状態だと、Pocket WiFiは新しいソフトウェアが配信されても自動更新されないんですよね。手動更新を試してみても失敗します。

Pocket WiFiに紐づいている回線を契約中なら普通に更新することが可能ですが、解約後にソフトウェアを更新するためには一工夫が必要です。

知っていれば大したことはないのですが、解約済みのPocket WiFiをソフトウェア更新する方法について簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pocket WiFiのソフトウェアを更新する方法

Pocket WiFiのソフトウェアを更新するためには、Pocket WiFi自体をインターネットに接続しないといけません。

まだ契約中のPocket WiFiなら4GやLTE、あるいは3Gといったモバイルネットワークに繋がっているはずなので、自動更新がONになっていれば最新のソフトウェアを自動的にダウンロードして更新してくれます。

または自動更新がOFFでも、手動で更新することが可能です。

問題となるのは解約済み、つまり白ロム状態のPocket WiFiのソフトウェアを更新する場合です。

Pocket WiFiは他社SIMだとソフトウェア更新できない?

私はSIMロック解除したPocket WiFi603HWをFUJIWifiのSIMカードで使用しています。

FUJIWifiはSoftBankのモバイルネットワークを利用しているサービスです。Y!mobileのPocket WiFi 603HWで使用するためにはSIMロック解除が必須ですが、本家の契約と同じようにSoftBank 4GとSoftBank 4G LTEの両方を使えます。

ところが、FUJIWifiのSIMカードを挿入したPocket WiFi 603HWは自動更新をONにしていてもソフトウェアの更新が行われません。

手動更新を試してみても、ネットワークの接続状態を確認しろといった旨のメッセージが表示されて、ソフトウェアをダウンロードすること自体が不可能です。

FUJIWifiに限らずdocomo回線やau回線で試してみても同じで、他社のSIMカードを挿入してモバイルネットワークに接続した状態だと、Pocket WiFiはソフトウェア更新ができないように設計されています。

しかし、解約済みでもWi-Fi環境があればPocket WiFiのソフトウェアを更新することが可能です。

Wi-Fiなら解約済みのPocket WiFiでもソフトウェア更新が可能

通常、モバイルWi-Fiルーターは4GやLTEといったモバイルネットワークに接続して、Wi-Fiで他の機器に共有します。

しかしPocket WiFi 603HWなど一部の機種には、他の機器から飛ばしたWi-Fiに接続して、それをまたWi-Fiで共有する機能が搭載されているのです。

このWi-Fi機能をONにしてインターネットに接続すれば、本来の契約のSIMカードがなくてもソフトウェア更新を行うことが可能です。

実際にdocomoのスマートフォンでWi-Fiテザリングを行ってPocket WiFi 603HWを接続してみたところ、自動的に最新のソフトウェアのダウンロードを開始しました。

Pocket WiFi側の操作も簡単で、603HWならタッチパネルを操作するだけでSSIDを選択からパスワードの入力まで可能です。

ソフトウェア更新が完了したらWi-Fi機能をOFFにしましょう。これでまたFUJIWifiなど他社のSIMカードでモバイルネットワークに接続することが可能になります。

まとめ

Pocket WiFiはSIMロックを解除すれば他社のSIMカードでも使えますが、ソフトウェア更新を行うためには本来の契約のSIMカードかWi-Fi環境が必要です。

Wi-Fiなら何でもOKなので、固定回線を引いていない方はスマートフォンでテザリングするか、カフェやコンビニなどのフリーWi-Fiを利用すると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT 2.0の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも今ならプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

申し込む際に楽天モバイルID【2020040810791】を入力すると楽天ポイントが2,000P貰えます。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました