FUJI SIMがスマホでテザリングできない?解決策を解説

スマートフォンを片手に持って困っている女性 FUJIWifi

FUJI SIM、つまりFUJIWifiのSIMプランはSIMカードのみ貸し出されるので、モバイルWi-Fiルーターでなくてもスマートフォンやタブレットなどで使用することが可能です。

ただ、使用する機種によってはテザリング機能を使えないことがあります。

その機種とはiPhoneやiPadといったiOS端末です。これらはFUJI SIMでインターネットに接続すること自体は可能ですが、テザリングは使えません。

iOS端末以外なら基本的にテザリング機能を搭載している機種ならどれでもテザリングが可能です…が、機種によってはAndroidスマートフォンでもテザリングを使えない場合があるようです。

そのような場合はAPNタイプを設定すれば解決できるかもしれません。

AndroidとFUJI SIMの組み合わせでテザリングが使えなくて困っている方は参考にしてください。

FUJI SIMはスマートフォンでもテザリングが使える?

そもそもFUJI SIMはスマートフォンやタブレットでテザリングが使えるのか?と疑問に思われている方もいるかもしれませんね。

元々FUJIWifiはモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスですが、SIMプランで貸し出されるSIMカードはモバイルWi-Fiルーター以外の端末で使っても問題はないです。

またテザリングはあくまでも端末の機能なので、本来はSIMカードの種類によってテザリングの可否が決まることはありません。

ただ実際には、SIMカードと機種の組み合わせによってはテザリングが使えないことがあります。

FUJI SIMとiPhoneの組み合わせはテザリングが使えない

FUJI SIMの場合、iPhoneやiPadといったiOS端末ではテザリングが使えません。

もちろんSIMロック解除済みのiPhoneでもダメです。そもそもSIMフリー端末でないとFUJI SIMは使えないですけどね。

iPhoneでもテザリングを使わないのであれば問題はありませんが、少しでもテザリングを使う可能性がある方は注意してください。

またAndroidを搭載していてもSoftBankから販売されているモデルはiOS端末同様にテザリングが不可能な場合があります。

最新のiPhone XやiPhone 8でFUJIWifiの高速な回線を利用したいのであれば、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを用意しましょう。

FUJI SIMはAndroidでもテザリングが使えないことがある?

iPhoneでテザリングが使えないのはFUJI SIMの仕様です。逆に言えば、iPhone以外のスマートフォンならFUJI SIMでテザリングが使えるはずです。

ところがAndroid OSを搭載しているスマートフォンでも機種によってはテザリングが正常に動作しないことがあります。

私が実際に確認したところ、ASUSのZenFone 4 ZE554KLがこれに該当しました。他にもZenFone 5で同様の事象が発生した方もいるようです。

しかし、もし自分が所有している端末でテザリングが使えなくてもすぐに諦める必要はありません。FUJI SIMの仕様的にはiOS端末以外なら使えるはずです。

それではどうすればテザリングが使えようになるのか、その解決策を紹介します。

FUJI SIMでテザリングが使えない場合の解決策

FUJI SIMでテザリングが使えない場合、APN設定に変更を加えることで正常に動作するようになるかもしれません。

少なくとも私のZenFone 4では、下記のAPNタイプを設定することでテザリングが使えるようになりました。

FUJI SIMでテザリングを使うためのAPN設定

APN(アクセスポイント名) plus.4g
ユーザー名 plus
パスワード 4g
APNタイプ default,dun

FUJIWifiが公式に案内しているAPN情報は、APNとユーザー名、それにパスワードの3つだけです。しかしこれだけだとテザリングが使えない機種が存在します。

そのような機種ではAPNタイプの項目にdefault,dunを入力すると、テザリングが使えるようになるはずです。

もしこれでも正常に動作しなければ、コンマで区切ってさらにsuplmmsも追加してみてください。

すべて正しく入力してもダメなら、1度他のAPNに切り替えてすぐに戻してみたり、機内モードや端末の再起動も試してみましょう。

まとめ

FUJI SIMとAndroidスマートフォンの組み合わせでテザリングが使えない場合、APN設定のAPNタイプの項目を編集すると解決するかもしれません。

iPhoneやiPadはどうやってもテザリングが使えないので、既にFUJI SIMを契約してしまったのであればSIMフリー、あるいはSIMロック解除済みのモバイルWi-Fiルーターを購入しましょう。

ルータープランでFUJIWifiを再契約するという選択肢もありますが、そうすると初期費用だけでなく月額料金も二重に発生するかもしれません。

実際にFUJIWifiで貸し出されてるFS030WというSIMフリー端末がAmazonなら1万円以下で販売されているので、二重にお金を払ってまでレンタルするくらいなら購入したほうが良いと思いますよ。

FUJIWifi
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

BIGLOBE WiMAX 2+

口座振替を希望ならBIGLOBE WiMAX 2+一択です。Broad WiMAXも口座振替に対応していますが、クレジットカード決済でないと初期費用が無料になるキャンペーンが適用されません。

しかしBIGLOBE WiMAX 2+はクレジットカード決済と同額のキャッシュバックや割引が適用されるので、口座振替で契約するならもっともお得なプロバイダーです。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました