FUJIWifiのSIMをiOS 12にアップデートしたiPhone SEで使ってみた

2種類のiPhone FUJIWifi

AppleがiPhone XをはじめとするiPhoneやiPadにiOS 12へのアップデートを配信開始しました。

MVNOが提供する格安SIMの場合、iOSをアップデートするとデータ通信がSMSの送受信が不可能になるなどの不具合が発生することが少なからずあります。

特に今回のiOS 12では、MVNOだけでなくMNOであるauのiPhone 5sでもSMSの送受信が不可能になる不具合が発生しているので、au系MVNOと契約している方は要注意です。

【FUJIWifi】のレンタルSIMは格安SIMサービスではありませんし、そもそもSoftBank回線を利用しているので上記のトラブルとは無関係のはずですが、それでもiOS 12で問題なく使えるのかどうか気になっている方もいるでしょう。

そこでSIMフリーのiPhone SEをiOS 12にアップデートして、FUJIWifiのSIMカードを使えるのかどうか調べてみました。

iOS 12のiPhone SEでFUJIWifiのSIMを使ってみた結果

所有しているSIMフリーのiPhone SEをiOS 12にアップデートして、FUJIWifiのSIMカードを使うために設定を行ってみましたが、特に変わったことはありませんでした。

iOS 11以前と変わらずデータ通信やSMSの受信が可能

FUJIWifi×iPhone SEのスピードテスト結果

FUJIWifiのマイページからプロファイルをインストールすると、iOS 12へアップデート後も問題なく4Gや3Gのデータ通信が可能でした。

ちなみにiPhone SEはCA(キャリアアグリゲーション)に非対応ですが、さすがのキャリア品質ですね。スピードテストを行ってみると、下りの通信速度は50Mbpsを超えていました。

またSMSの受信も可能でした。レンタルSIMですし、公式にはデータ通信のみの提供となっているためあまり利用しないほうが良いかもしれませんが、スマートフォンやタブレットで使用するならLINEの番号認証に利用することが可能です。

テザリングは相変わらず使用不可能

FUJIWifiを挿入したiPhoneのテザリング設定画面

一方でテザリングについても今までと同じく使用不可能なままでした。

FUJIWifiのSIMカードを挿入した状態でテザリングの項目を選択すると、SoftBankが提供しているテザリングオプションに加入していないとテザリングを有効化できない旨が表示されます。

しかしFUJIWifiではテザリングオプションが提供されていませんし、そもそもSoftBankと直接契約しているわけではないので加入する術がありません。

FUJIWifiのSIMプランでテザリングを使用したいなら、iPhoneではなくAndroidスマートフォンかモバイルWi-Fiルーターで使いましょう。

まとめ

iOS 12にアップデートしたiPhone SEでも、FUJIWifiのSIMカードでデータ通信が可能でした。

ただしテザリングは相変わらず使用不可能なので、iPhoneでテザリングを使いたいならFUJIWifi以外のSIMカードを契約するか、Android端末やモバイルWi-Fiルーターで使うことをおすすめします。

FUJIWifiのお申し込みは↓の緑のボタンからどうぞ。

FUJIWifi
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました