WiMAX 2+を初めて契約するならGMOとくとくBBがおすすめな理由

授業を受けている女子高生と男子高校生 WiMAX 2+

WiMAX 2+とはモバイルWi-Fiルーターサービスの一種ですが、いわゆるプロバイダーMVNOと呼ばれるサービス提供会社は1社だけではなく、20社以上がそれぞれ独自のWiMAX 2+サービスを展開しています。

ただぶっちゃけた言い方をすると、独自とは言ってもすべてWiMAX 2+には違いないので、サービス内容に大きな違いはありません。細かいオプションサービスが異なるくらいです。

しかし大きな違いがないのであれば、逆に選び方に困ってしまいますよね。初めてWiMAX 2+を契約する方はなおさらでしょう。

そこで私がWiMAX 2+デビューにおすすめするプロバイダー、MVNOのGMOとくとくBBについて、そのおすすめする理由を説明します。

初めてWiMAX 2+を契約する方でプロバイダー、MVNOの選び方に困っている方はぜひこの記事を読んでください。GMOとくとくBBがWiMAX 2+デビューに適している理由を分かっていただけるはずです。

初めてのWiMAX 2+にGMOとくとくBBがおすすめな理由

WiMAX 2+はどのプロバイダー、MVNOと契約してもサービス自体はほぼまったく同じものを受けられます。

しかしGMOとくとくBBのWiMAX 2+には、他社のWiMAX 2+よりも断トツで優れている要素があるのです。

その要素とは、高額キャッシュバックや大幅な料金割引キャンペーンのおけげで、料金面で圧倒的にお得だということが1つ。

もう1つはWiMAX 2+に不満があった場合、申し込みから20日以内なら解約違約金が無料で解約可能だということです。

高額キャッシュバックが貰える

WiMAX 2+はキャッシュバックなどの販促を行っているプロバイダーが多いですが、その中でもGMOとくとくBBは最高クラスの金額を還元しています。

具体的なキャッシュバック金額については時期や機種によって異なるので一概には言えませんが、GMOとくとくBBなら3万円は手堅いです。3年契約なら4万円台も狙えるかもしれません。

サービス内容も月額料金も同じなら、キャッシュバック金額が大きいところと契約したほうがお得ですよね。

WiMAX 2+をお得に利用したいのであれば、業界最高クラスのキャッシュバックを還元してくれるGMOとくとくBBが断トツでおすすめです。

最新のキャッシュバック金額については下記のキャンペーンページで確認してください。

月額料金が大幅に割り引かれるプランも提供されている

GMOとくとくBBではキャッシュバックの代わりに、月額料金を大幅に割り引くことで還元するプランも提供されています。

キャッシュバックは非常に魅力的ですが、これを受け取るためには一定期間利用し続けないといけません。また特定の期間内に手続きを行わないと、受け取り損ねてしまうリスクがあります。これはGMOとくとくBB以外のWiMAX 2+も同様です。

しかし月額割引タイプなら初月から確実に特典が適用されます。一定期間利用し続けないといった条件もないですし、毎月の出費を抑えられるのも嬉しいですね。

2018年8月現在行われているキャンペーンを例に比較してみましょう。

ギガ放題プランの2年契約時のそれぞれの月額料金は以下の通りです。

キャッシュバックプラン 月額割引プラン
ルーター発送月 3,609円の日割 2,590円の日割
1か月目~2か月目 3,609円/月 2,590円/月
3か月目~24か月目 4,263円/月 3,344円/月
25か月目以降 4,263円/月 4,263円/月

特にルーター発送月を含めた最初の3か月間は割引額が大きく、1,673円割り引かれて2,590円/月で利用することが可能です。3か月目以降の割引額は919円で、3,344円/月となります。

2年間の割引総額を計算すると25,237円。消費税を考慮すると約27,255円のキャッシュバックに相当します。

3万円には届きませんが、キャッシュバックの手続きが不安な方におすすめです。

同じくギガ放題の3年契約についてもまとめておきましょう。

キャッシュバックプラン 月額割引プラン
ルーター発送月 3,609円の日割 2,170円の日割
1か月目~2か月目 3,609円/月 2,170円/月
3か月目~36か月目 4,263円/月 3,260円/月
37か月目以降 4,263円/月 4,263円/月

契約期間が長いので割引額も微増していますが、割引総額は28,345円、税込で約30,612円のキャッシュバックに相当します。

2年契約と比較すると3,000円ほどしか差がないので、LTEオプションを利用したいのでなければ2年契約のほうがおすすめです。

LTEオプションとはWiMAX 2+でau 4G LTEを利用すための有料オプションサービスです。通常は1,005円/月の追加料金がかかりますが、3年契約なら無料で利用することが可能なのです。

もっとLTEオプションについて詳しく知りたい方は下記の記事をお読みください。

WiMAX 2+のLTEオプションとは?ハイスピードプラスエリアのメリットとデメリットを解説
WiMAXやWiMAX 2+は電波が繋がりにくいと言われることが多いですが、そういったレビューや口コミを読んで不安になっている方はいませんか? docomoやauなどの大手携帯電話会社と比較すると、確かにWiMAX 2+は屋内や高層ビ...

LTEオプションが不要だったり、キャッシュバックの手続きが面倒や不安に感じるという方、あるいは毎月の出費を抑えたいという方にはキャッシュバックプランよりも月額割引プランがおすすめです。

最新の割引額については下記のキャンペーンページで確認してください。

ここまでは料金面のメリットについて説明してきましたが、GMOとくとくBBが優れているのはコストだけではありません。

もしサービスに不満があった場合、WiMAX 2+を無料で解約するための制度が2つ用意されています。

初期契約解除制度に対応している

初期契約解除制度とは、

  1. WiMAX 2+端末を受け取った日
  2. 契約内容確認書面を受け取った日

のいずれか遅い日から起算して8日以内に、WiMAX 2+端末セット一式および初期契約解除書面を送付すれば、解約違約金等を支払うことなく無料で解約できるという制度です。

WiMAX 2+を契約してみたものの電波が繋がりにくいだとか、速度制限にかかって使い物にならなかったなどの不満を感じた場合、この制度を利用すれば無料で解約できます。

初期契約解除制度の注意点

初期契約解除制度を利用して解約する際は下記の3点に注意してください。

  1. 解約可能な期間は端末or書面が到着した日から起算して8日間
  2. 事務手数料3,000円の請求は行われる
  3. WiMAX 2+端末が返却されなければ端末代金20,000円が請求される

無料になるのはあくまでも解約違約金のみです。事務手数料の請求は行われます。

ところで初期契約解除制度についてはGMOとくとくBB以外のWiMAX 2+でも導入されているのですが、GMOとくとくBBでは初期契約解除制度以外にも解約違約金が無料になる独自の制度が存在します。

条件を満たせば20日以内でも無料で解約することが可能

GMOとくとくBBのWiMAX 2+は初期契約解除制度の期限が過ぎても、一定の条件を満たしていれば申し込み日から20日間は無料で解約することが可能です。

その条件とはピンポイントエリア判定が〇であること。つまり自宅がWiMAX 2+のサービスエリアに入っている必要があります。自宅がWiMAX 2+のサービスエリアに入っていなければ対象外です。

WiMAX 2+で利用している高周波数帯の電波は屋内に弱いので、ピンポイントエリア判定が〇でも建物の中だと繋がりにくいことがあります。

もしサービスエリアに入っている自宅がWiMAX 2+の電波が繋がらなかった、あるいは繋がりはするけれども不満がある、といった場合にはこの制度を利用すれば無料で解約することが可能です。

20日以内の解約違約金無料キャンセルの注意点

  1. ピンポイントエリア判定が〇の方のみが対象
  2. 申し込み日から起算して20日以内に端末の返却しないといけない
  3. 事務手数料以外に翌月末までの月額利用料が発生する

初期契約解除制度とは異なり、ピンポイントエリア判定が〇の方のみが対象なので、申し込む前に必ず公式サイトで確認しておきましょう。

ピンポイントエリア判定が△や×なら、8日以内に初期契約解除制度を利用して解約することをおすすめします。

またこちらは申し込み日から起算して20日以内にGMOとくとくBBへ申告して、端末の返却も終えなくてはいけません。

さらに初期契約解除制度とは異なり、端末が発送された月の翌月末までの月額利用料が請求されます。初月は日割で計算されますが、翌月分の月額利用料は1か月分が丸々発生するのです。

解約可能な期間は初期契約解除制度よりも長いですが、解約にかかる費用は5,000円くらい違ってくるので注意してください。

それでも他社のWiMAX 2+だと、初期契約解除制度の対象となる8日間を過ぎてから解約すると約2万円の解約違約金がかかるのですから、それと比べるとかなり有利な条件で解約可能であることは確かです。

初めてWiMAX 2+を契約するならGMOとくとくBBがおすすめ!

WiMAX 2+を提供している事業者は約20社存在しますが、GMOとくとくBBほどお得で、しかも解約違約金が無料になる期間を20日間も設けているのはGMOとくとくBBだけです。

特にWiMAX 2+の契約が初めてで、電波がちゃんと繋がるかどうか不安だという方に向いています。

最大15日間無料でレンタルできるTry WiMAXというサービスも存在しますが、最新機種は人気で在庫切れのために借りられないことが多いですし、ぶっつけ本番で契約するなら絶対にGMOとくとくBBが安心です。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の公式サイトはこちらからどうぞ。

GMOとくとくBB以外でおすすめのWiMAX 2+

WiMAX 2+を初めて契約するならプロバイダーはGMOとくとくBBがおすすめです。

しかしもう1つ、初心者向けのWiMAX 2+サービスがあります。

それはレンタルWi-FiサービスのFUJIWifiです。

FUJIWifiのWiMAX 2+プランがおすすめな理由

株式会社レグルスが提供しているFUJIWifiはモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

現在はSoftBank回線に対応しているモバイルWi-Fiルーターと、WiMAX 2+回線に対応しているモバイルWi-Fiルーターの2種類を提供しています。

次点としてFUJIWifiのWiMAX 2+プランをおすすめする理由は主に2つあります。

初期費用と月額料金が安い

1つめの理由は初期費用と月額料金が安いということ。

FUJIWifiの初期費用は契約事務手数料という名目で2,000円かかります。

一般的なWiMAX 2+やPocket WiFiは3,000円くらいかかることがほとんどですが、FUJIWifiはそれらより1,000円安いです。

またFUJIWIfiのWiMAX 2+プランの月額料金は3,200円/月ですが、これは業界最安クラスです。

キャンペーンによる割引などでこれよりも低価格のように見せかけているWiMAX 2+も存在しますが、期間限定ではなくずっとこの水準で利用できるのはFUJIWifiくらいしかありません。

契約期間の縛りも解約金もない

2つめの理由は、契約期間の縛りがないのでいつ解約しても解約金が発生しないということです。

GMOとくとくBBは最大20日間まで解約違約金が無料になりますが、それ以降は2年後か3年後の更新月まで高額な違約金が発生することになります。

もしサービスに不満がなくても、引っ越しなどで生活環境が変わってしまったり、不要になって解約したくなることは十分あり得るでしょう。

そういったリスクを考慮すると、いつでも無料で解約可能なFUJIWifiはかなり魅力的です。

FUJIWifiの詳細はこちらの公式サイトで確認してください↓
申込数2万台突破★期間縛り無し!解約金無し!レンタルルーター【FUJIWifi】

まとめ

GMOとくとくBBは業界最高クラスのキャッシュバックを還元しているので、他社のWiMAX 2+よりもお得に利用できます。

キャッシュバックは受け取り手続きが面倒、不安だという方は月額料金が大幅に割り引かれるプランも用意されてるので安心してください。実質料金はキャッシュバックプランに劣りますが、これなら確実に特典を受けられます。

初期契約解除制度は他社のWiMAX 2+でも導入されていますが、その対象期間はたった8日間だけです。8日を過ぎて解約すると、約2万円の高額な解約違約金が発生するようになります。

しかしGMOとくとくBBなら最大で20日間、解約違約金無料で解約することが可能です。

初めてのWiMAX 2+でプロバイダーの選び方に困っているなら、お得で安心なGMOとくとくBBがおすすめですよ。

WiMAX 2+
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

BIGLOBE WiMAX 2+

口座振替を希望ならBIGLOBE WiMAX 2+一択です。Broad WiMAXも口座振替に対応していますが、クレジットカード決済でないと初期費用が無料になるキャンペーンが適用されません。

しかしBIGLOBE WiMAX 2+はクレジットカード決済と同額のキャッシュバックや割引が適用されるので、口座振替で契約するならもっともお得なプロバイダーです。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました