最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
モバイルWi-Fiルーター

WiMAX 2+でVPNサーバーを簡単に構築する方法を解説

無線LANルーターのVPN設定画面 モバイルWi-Fiルーター

WiMAX 2+のようなモバイルWi-Fiルーター環境でもVPNサーバーを構築することは可能ですが、固定回線と比較すると固定IPアドレスを取得しにくいという問題があります。

またパソコンにソフトをインストールしてVPNサーバーとして稼働させる場合、そのためのパソコンを用意して常時稼働させないといけません。難しい設定作業も必要ですし、素人にはハードルが高いでしょう。

そこでおすすめしたいのが無線LANルーターを利用する方法です。

無線LANルーターに搭載されているVPNサーバー機能を利用すれば簡単に構築できますし、同じくDDNSを利用すれば固定IPアドレスの問題も解決します。サーバーとなるパソコンを用意して常時稼働させる必要もありません。

そこで今回は無線LANルーターに搭載されているVPNサーバー機能を利用して、WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターでも可能なVPNサーバーを簡単に構築する方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WiMAX 2+でVPNサーバーを簡単に構築する方法とは

VPNサーバーを構築する方法はいろいろありますが、無線LANルーターに搭載されている機能を利用するとめちゃくちゃ簡単です。

無線LANルーターを利用すればVPNサーバーを簡単に構築できる

ASUSをはじめとする一部のメーカーの無線LANルーターには、VPNサーバーを構築する機能が搭載されています。

これを利用すれば、WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターでインターネットに繋いでいる環境でも簡単にVPNサーバーを構築することが可能です。

無線LANルーターでVPNサーバーを構築するためのWiMAX 2+の条件

ただしモバイルWi-Fiルーター側はWiMAX 2+なら何でも良いというわけではありません。

グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダー

大前提としてグローバルIPアドレスが必要なので、グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーと契約したWiMAX 2+でないとVPNサーバーの構築は不可能です。

グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーについてはこちらの記事でご確認ください。もし提供していないプロバイダーと契約しているのであれば、契約解除料を最大1.9万円負担してくれるBroad WiMAXへ乗り換えましょう。

WiMAX 2+でグローバルIPアドレスオプションを利用する方法と注意点
WiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使いたいと考えている方はいませんか? WiMAX 2+はUQコミュニケーションズをはじめとする複数のWiMAX 2+事業者、いわゆるプロバイダーから提供されていますが、そのほとんどがグローバル...

ブリッジモードを搭載している機種

またこの方法はブリッジモードを搭載している機種でないと使えません。

ブリッジモードを使用しないと無線LANルーターにグローバルIPアドレスが割り当てられず、VPNサーバーを構築することが不可能になってしまいます。

なお一般的にブリッジモードとアクセスポイントモードは同義だとされていますが、アクセスポイントモードだとこの方法は使えないので注意してください。

WiMAX 2+におけるブリッジモードとアクセスポイントモードの違い
一般的な無線LANルーターは、ルーターモード以外に中継器モードやアクセスポイントモードなどいくつかの動作モードが搭載されていたりします。 中継器モードはリピーターモード、アクセスポイントモードはAPモードやブリッジモードなどと呼ばれる...

NECプラットフォームズ製のWXシリーズやホームルータータイプの機種はブリッジモードが搭載されていないので、Huawei製のWシリーズに機種変更するか白ロムを購入しましょう。

現在使用しているSIMカードがMicroサイズならW04以前の機種、NanoサイズならW05以降の機種が使えます。

WiMAX 2+と無線LANルーターでVPNサーバーを構築する方法

それでは実際にWiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターと無線LANルーターをどのように設定すれば良いのか、VPNサーバーを構築するための具体的な手順をまとめておきます。

グローバルIPアドレスのAPNを設定する

まずはWiMAX 2+のグローバルIPアドレスオプションを利用するための設定を行います。

モバイルWi-Fiルーターの管理画面にアクセスして、グローバルIPアドレスオプションのプロファイルを作成、つまりAPNを設定しましょう。

APNの設定方法については下記の記事で詳しく解説しています。

WiMAX 2+でグローバルIPアドレスオプションを利用する方法と注意点
WiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使いたいと考えている方はいませんか? WiMAX 2+はUQコミュニケーションズをはじめとする複数のWiMAX 2+事業者、いわゆるプロバイダーから提供されていますが、そのほとんどがグローバル...

WiMAX 2+をブリッジモードで無線LANルーターと接続する

プロファイルの作成&切り替えが完了したら、モバイルWi-Fiルーターをブリッジモードに切り替えましょう。

ブリッジモードの切り替えは管理画面ではなく、本体のタッチパネルを操作して「設定」→「通信設定」→「ブリッジモード」と進んだところに項目があります。

モバイルWi-Fiルーターをブリッジモードに切り替えたら、無線LANルーターと接続しましょう。

LANケーブルで接続する場合

無線LANルーターとLANケーブルで接続する場合、専用のクレードルが必要です。

クレードルを持っていない方はAmazon等で入手することが可能なので購入しましょう。価格は機種にもよりますが概ね3,000円から4,000円程度です。

モバイルWi-Fiルーターを対応するクレードルにセットしたら、クレードルと無線LANルーターのWANポートをLANケーブルで接続しましょう。

USBケーブルで接続する場合

ASUS製の無線LANルーターなら、USBケーブルで接続する方法もあります。

USBで接続するならクレードルは不要ですし、USB 3.0(USB 3.1 Gen1)に対応しているモデルなら有線LANよりも高速なデータ通信が可能です。

モバイルWi-Fiルーターと無線LANルーターをUSBで接続する方法については下記の記事を参照してください。

ASUSの無線LANルーター RT-AC1200HPの3G/4G USBテザリングの使い方
ASUS製の無線LANルーターはUSBポートを1~2基搭載しているモデルが多いですが、そのUSBポートを使用する機能の1つに3G/4G USBテザリングがあります。 これはUSBで接続したAndroidスマートフォンやUSBモデムを利...

ただしUSB 3.0で通信するためには、モバイルWi-Fiルーターと無線LANルーター、さらにUSBケーブルの3つがUSB 3.0に対応していないといけません。

どれか1つでも旧規格のUSB 2.0だと、有線LANよりも低速になってしまいます。

特にモバイルWi-Fiルーター本体がUSB 3.0に対応していても付属のUSBケーブルは対応していないケースが多いので、Ankerあたりの信頼できるUSBケーブルを購入しておきましょう。

DDNSでグローバルIPアドレスと任意のホスト名を結び付ける

モバイルWi-Fiルーターと無線LANルーターを接続したら、無線LANルーターの管理画面にアクセスしてDDNSの設定を行います。

WiMAX 2+のグローバルIPアドレスオプションで払い出されるグローバルIPアドレスは固定IPアドレスではありません。

そのため何かの拍子にグローバルIPアドレスの番号が変わってしまう恐れがありますが、DDNSを利用して任意のホスト名と結び付けておけば、番号が変わってもホスト名からVPNサーバーにアクセスすることが可能です。

ASUS製無線LANルーターにおけるDDNSの設定方法はこちらを参照してください。

ASUS製の無線LANルーターでDDNSを設定する方法を解説
ASUS製の無線LANルーターは単純にダイナミックDNSサービスに対応しているだけでなく、無料のDDNSサービスであるASUS DDNSを利用することが可能です。 そこでこの記事ではASUS製の無線LANルーターRT-AC1200HP...

無線LANルーターでVPNサーバーを構築する

RT-AC1200HPのVPNサーバー機能設定画面

DDNSの設定が済んだら、いよいよVPNサーバーの設定を行います。

RT-AC1200HPの場合は管理画面の左側、詳細設定の「VPN」を選択するとVPNサーバーの設定画面が表示されます。

モデルによっては使用するプロトコルを選べますが、ローエンドのRT-AC1200HPはPPTPしか対応していないのでこれを有効化します。VPNの詳細は「全般」、ネットワークプレース(Samba)サポートは「はい」のままでOKです。

次にVPNサーバーにアクセスするために使用するアカウント情報の設定を行います。任意のユーザー名とパスワードを入力したら「追加」→「適用」しましょう。

これでVPNサーバーの構築は完了です。

パソコンやスマートフォンのVPN設定画面で登録したホスト名やアカウント情報を入力すれば、構築したVPNサーバーを経由してインターネットに繋がるようになっているはずです。

まとめ

無線LANルーターに搭載されているVPNサーバー機能を利用すれば、WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター環境でもVPNサーバーを簡単に構築することが可能です。

ただしVPNサーバーを構築するためにはグローバルIPアドレスが必須なので、グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーのWiMAX 2+でないといけません。もし対象外のプロバイダーと契約しているなら契約解除料を負担してくれるBroad WiMAXへ乗り換えることをおすすめします。

またこの方法はモバイルWi-Fiルーターにブリッジモードが搭載されていることも必須条件です。もし非搭載機種を使っているなら機種変更するか、SIMカードの種類に注意して白ロムを購入しましょう。

これらの条件を満たしていれば、メーカーを問わず無線LANルーターの機能でVPNサーバーを構築できるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT 2.0の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも今ならプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

申し込む際に楽天モバイルID【2020040810791】を入力すると楽天ポイントが2,000P貰えます。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました