WiMAX 2+でVPNサーバーを簡単に構築する方法を解説

無線LANルーターのVPN設定画面 WiMAX 2+

WiMAX 2+のようなモバイルWi-Fiルーター環境でもVPNサーバーを構築することは可能ですが、固定回線と比較すると固定IPアドレスを取得しにくいという問題があります。

またパソコンにソフトをインストールしてVPNサーバーとして稼働させる場合、そのためのパソコンを用意して常時稼働させないといけません。難しい設定作業も必要ですし、素人にはハードルが高いでしょう。

そこでおすすめしたいのが無線LANルーターを利用する方法です。

無線LANルーターに搭載されているVPNサーバー機能を利用すれば簡単に構築できますし、同じくDDNSを利用すれば固定IPアドレスの問題も解決します。サーバーとなるパソコンを用意して常時稼働させる必要もありません。

そこで今回は無線LANルーターに搭載されているVPNサーバー機能を利用して、WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターでも可能なVPNサーバーを簡単に構築する方法を紹介します。

WiMAX 2+でVPNサーバーを簡単に構築する方法とは

VPNサーバーを構築する方法はいろいろありますが、無線LANルーターに搭載されている機能を利用するとめちゃくちゃ簡単です。

無線LANルーターを利用すればVPNサーバーを簡単に構築できる

ASUSをはじめとする一部のメーカーの無線LANルーターには、VPNサーバーを構築する機能が搭載されています。

これを利用すれば、WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターでインターネットに繋いでいる環境でも簡単にVPNサーバーを構築することが可能です。

無線LANルーターでVPNサーバーを構築するためのWiMAX 2+の条件

ただしモバイルWi-Fiルーター側はWiMAX 2+なら何でも良いというわけではありません。

グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダー

大前提としてグローバルIPアドレスが必要なので、グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーと契約したWiMAX 2+でないとVPNサーバーの構築は不可能です。

グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーについてはこちらの記事でご確認ください。もし提供していないプロバイダーと契約しているのであれば、契約解除料を最大1.9万円負担してくれるBroad WiMAXへ乗り換えましょう。

WiMAX 2+でグローバルIPアドレスオプションを利用する方法と注意点
WiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使いたいと考えている方はいませんか? WiMAX 2+はUQコミュニケーションズをはじめとする複数のWiMAX 2+事業者、いわゆるプロバイダーから提供されていますが、そのほとんどがグローバル...

ブリッジモードを搭載している機種

またこの方法はブリッジモードを搭載している機種でないと使えません。

ブリッジモードを使用しないと無線LANルーターにグローバルIPアドレスが割り当てられず、VPNサーバーを構築することが不可能になってしまいます。

なお一般的にブリッジモードとアクセスポイントモードは同義だとされていますが、アクセスポイントモードだとこの方法は使えないので注意してください。

WiMAX 2+におけるブリッジモードとアクセスポイントモードの違い
一般的な無線LANルーターは、ルーターモード以外に中継器モードやアクセスポイントモードなどいくつかの動作モードが搭載されていたりします。 中継器モードはリピーターモード、アクセスポイントモードはAPモードやブリッジモードなどと呼ばれる...

NECプラットフォームズ製のWXシリーズやホームルータータイプの機種はブリッジモードが搭載されていないので、Huawei製のWシリーズに機種変更するか白ロムを購入しましょう。

現在使用しているSIMカードがMicroサイズならW04以前の機種、NanoサイズならW05以降の機種が使えます。

WiMAX 2+と無線LANルーターでVPNサーバーを構築する方法

それでは実際にWiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターと無線LANルーターをどのように設定すれば良いのか、VPNサーバーを構築するための具体的な手順をまとめておきます。

グローバルIPアドレスのAPNを設定する

まずはWiMAX 2+のグローバルIPアドレスオプションを利用するための設定を行います。

モバイルWi-Fiルーターの管理画面にアクセスして、グローバルIPアドレスオプションのプロファイルを作成、つまりAPNを設定しましょう。

APNの設定方法については下記の記事で詳しく解説しています。

WiMAX 2+でグローバルIPアドレスオプションを利用する方法と注意点
WiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使いたいと考えている方はいませんか? WiMAX 2+はUQコミュニケーションズをはじめとする複数のWiMAX 2+事業者、いわゆるプロバイダーから提供されていますが、そのほとんどがグローバル...

WiMAX 2+をブリッジモードで無線LANルーターと接続する

プロファイルの作成&切り替えが完了したら、モバイルWi-Fiルーターをブリッジモードに切り替えましょう。

ブリッジモードの切り替えは管理画面ではなく、本体のタッチパネルを操作して「設定」→「通信設定」→「ブリッジモード」と進んだところに項目があります。

モバイルWi-Fiルーターをブリッジモードに切り替えたら、無線LANルーターと接続しましょう。

LANケーブルで接続する場合

無線LANルーターとLANケーブルで接続する場合、専用のクレードルが必要です。

クレードルを持っていない方はAmazon等で入手することが可能なので購入しましょう。価格は機種にもよりますが概ね3,000円から4,000円程度です。

モバイルWi-Fiルーターを対応するクレードルにセットしたら、クレードルと無線LANルーターのWANポートをLANケーブルで接続しましょう。

USBケーブルで接続する場合

ASUS製の無線LANルーターなら、USBケーブルで接続する方法もあります。

USBで接続するならクレードルは不要ですし、USB 3.0(USB 3.1 Gen1)に対応しているモデルなら有線LANよりも高速なデータ通信が可能です。

モバイルWi-Fiルーターと無線LANルーターをUSBで接続する方法については下記の記事を参照してください。

ASUSの無線LANルーター RT-AC1200HPの3G/4G USBテザリングの使い方
ASUS製の無線LANルーターはUSBポートを1~2基搭載しているモデルが多いですが、そのUSBポートを使用する機能の1つに3G/4G USBテザリングがあります。 これはUSBで接続したAndroidスマートフォンやUSBモデムを利...

ただしUSB 3.0で通信するためには、モバイルWi-Fiルーターと無線LANルーター、さらにUSBケーブルの3つがUSB 3.0に対応していないといけません。

どれか1つでも旧規格のUSB 2.0だと、有線LANよりも低速になってしまいます。

特にモバイルWi-Fiルーター本体がUSB 3.0に対応していても付属のUSBケーブルは対応していないケースが多いので、Ankerあたりの信頼できるUSBケーブルを購入しておきましょう。

DDNSでグローバルIPアドレスと任意のホスト名を結び付ける

モバイルWi-Fiルーターと無線LANルーターを接続したら、無線LANルーターの管理画面にアクセスしてDDNSの設定を行います。

WiMAX 2+のグローバルIPアドレスオプションで払い出されるグローバルIPアドレスは固定IPアドレスではありません。

そのため何かの拍子にグローバルIPアドレスの番号が変わってしまう恐れがありますが、DDNSを利用して任意のホスト名と結び付けておけば、番号が変わってもホスト名からVPNサーバーにアクセスすることが可能です。

ASUS製無線LANルーターにおけるDDNSの設定方法はこちらを参照してください。

ASUS製の無線LANルーターでDDNSを設定する方法を解説
ASUS製の無線LANルーターは単純にダイナミックDNSサービスに対応しているだけでなく、無料のDDNSサービスであるASUS DDNSを利用することが可能です。 そこでこの記事ではASUS製の無線LANルーターRT-AC1200HP...

無線LANルーターでVPNサーバーを構築する

RT-AC1200HPのVPNサーバー機能設定画面

DDNSの設定が済んだら、いよいよVPNサーバーの設定を行います。

RT-AC1200HPの場合は管理画面の左側、詳細設定の「VPN」を選択するとVPNサーバーの設定画面が表示されます。

モデルによっては使用するプロトコルを選べますが、ローエンドのRT-AC1200HPはPPTPしか対応していないのでこれを有効化します。VPNの詳細は「全般」、ネットワークプレース(Samba)サポートは「はい」のままでOKです。

次にVPNサーバーにアクセスするために使用するアカウント情報の設定を行います。任意のユーザー名とパスワードを入力したら「追加」→「適用」しましょう。

これでVPNサーバーの構築は完了です。

パソコンやスマートフォンのVPN設定画面で登録したホスト名やアカウント情報を入力すれば、構築したVPNサーバーを経由してインターネットに繋がるようになっているはずです。

まとめ

無線LANルーターに搭載されているVPNサーバー機能を利用すれば、WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーター環境でもVPNサーバーを簡単に構築することが可能です。

ただしVPNサーバーを構築するためにはグローバルIPアドレスが必須なので、グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーのWiMAX 2+でないといけません。もし対象外のプロバイダーと契約しているなら契約解除料を負担してくれるBroad WiMAXへ乗り換えることをおすすめします。

またこの方法はモバイルWi-Fiルーターにブリッジモードが搭載されていることも必須条件です。もし非搭載機種を使っているなら機種変更するか、SIMカードの種類に注意して白ロムを購入しましょう。

これらの条件を満たしていれば、メーカーを問わず無線LANルーターの機能でVPNサーバーを構築できるはずです。

WiMAX 2+
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました