最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
モバイルWi-Fiルーター

WiMAX 2+の端末代金無料で機種変更を申し込んでみた

WiMAX 2+の無料機種変更についての記事 モバイルWi-Fiルーター

GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約期間を満了したため解約…しようかと考えていたのですが、更新月を過ぎてしまうという大失態を犯してしまったため、長期利用特典を利用してWiMAX HOME 02に無料で機種変更することにしました。

正確にはまだ更新月だったのですが、解約手続きの受付期限を勘違いしていまして、期限が過ぎて3時間後にその事実に気付いたという…まあそれはさておき。

このGMOとくとくBB WiMAX 2+の長期利用特典、いろいろデメリットがあるのでおすすめしない!なんて解説しているサイトがたくさん存在しますが、それは下手なやり方をするからです。

上手に利用すれば、デメリットなんて気にせずに格安で最新のWiMAX 2+端末を手に入れられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WiMAX 2+の端末代金無料で機種変更する方法

WiMAX 2+にはたくさんのプロバイダー、代理店が存在しますが、GMOとくとくBBのWiMAX 2+では長期利用者限定で機種変更にかかる端末代金が無料になる特典があります。

条件は2年契約なら20か月以上、3年契約なら32か月以上利用していることだけ。この条件さえ満たしていれば、端末代金無料で機種変更することが可能です。

無料になるのは端末代金だけで、事務手数料として3,000円は負担しなくてはいけません。しかしそれでもたった3,000円で定価2万円程度のモバイルWi-Fiルーターが手に入るのですからめちゃくちゃお得です。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で無料機種変更を申し込む方法

長期利用特典の条件を満たすと毎月の勢いで機種変更を催促するSMSが送られてきますが、SMSのリンクからでなくてもWebのBBnavi会員ページから普通に申し込めます。

購入する機種と変更後の料金プラン、それにオプションなどを選択するだけで手続きはあっという間に完了です。

ただし機種変更も当月の受付期限は20日までとなっていて、21日以降に申し込んだ場合は翌月の発送になってしまうので注意しましょう。また料金プランの変更が適用されるのも1か月延びて翌々月からとなります。

今回私はホームルーターのWiMAX HOME 02を申し込みましたが、端末が届くまでしばらくお預けですね。。

WiMAX 2+の端末代金無料で機種変更するデメリット

ところで、WiMAX 2+について解説しているサイトはいずれもこの特典に対して否定的でおすすめしていません。

なぜなら、機種変更すると同時に現在の契約は解約扱いになり、新規で3年契約したことになるからです。新しく3年契約がスタートするということは更新月も3年後に遠のいてしまうので、端末を無料で貰ってすぐに解約、なんて方法は通用しないのです。

しかも長期利用特典で機種変更する場合は端末代金が無料になるだけで、キャッシュバックは貰えませんし月額料金の割引なんてものもありません。

一方で普通にWiMAX 2+を新規契約したとすると、端末代金が無料になる以外にもキャッシュバックが貰えたり月額料金が割引されるなど、様々なメリットがあります。

したがって機種変更するよりも、新規契約のキャンペーン狙いで他社のWiMAX 2+に乗り換えるほうがお得…と言われているわけですが。

本当に1番お得なのは、機種変更してから他社のWiMAX 2+に乗り換える方法です。

端末代金無料の長期利用特典を最大限に生かす方法

機種変更後すぐに解約すると、契約解除料が19,000円もかかってしまいます。これだとせっかく事務手数料だけで端末を手に入れても意味がないと思われるかもしれません。

しかし乗り換え先のプロバイダーがBroad WiMAXとなると話は別です。

Broad WiMAXは他社のインターネットサービスから乗り換えて契約する際、解約費用を最大19,000円(不課税)まで負担してくれます。消費税分はオーバーしてしまいますが、契約解除料をほぼ相殺してくれるのです。

ということは、事務手数料と超過額を合わせて実質5,200円(税込)で最新のWiMAX 2+端末が手に入るということになります。

WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターはどれも定価2万円程度です。いわゆる白ロムならそれなりに安く買えなくもないですが、人気機種だと中古品でも5,000円以上の値が付いたりします。

5,200円で完全未使用の新品が手に入るのなら悪くないでしょう。

余った端末の使い道

なおBroad WiMAXに乗り換えるとなると、そちらの契約特典でも端末が1台無料で手に入ることになります。

だったらわざわざお金を払って余分な端末を手に入れる必要はないんじゃないかと思われるかもしれませんが、そこは使い方次第です。

  • モバイルルーターとホームルーターを利用シーンによって使い分ける
  • 端末の故障などトラブルに備えて予備機として持っておく
  • au系の格安SIMや楽天モバイルで運用する

余った端末の使い道はざっとこんなところでしょうか。

ぶっちゃけた話、本当に不要になったら端末を売却するという手段があります。WiMAX 2+のモバイルWi-FiルーターはSIMフリーですしリセールバリューがそこそこ高いのです。

Broad WiMAXに乗り換えるところまでがセットの裏技ですし、いやいや格安でも予備の端末なんて不要だよって方は普通に解約すれば良いですが、まあ無料で機種変更するのが絶対に損というわけではないですよってことで。

あ、私みたいに更新月に解約し損ねた場合はむしろ機種変更してしまうべきでしょう。Broad WiMAXに乗り換えるのはすぐでなくても、さらに新しい端末が登場するまで待つのも良いかもしれません。

まとめ:長期利用特典は賢く利用しよう!

単純に機種変更してそのまま使い続けるくらいなら、確かに解約して新規で契約し直したほうがお得です。

しかしどうせ契約し直すなら、長期利用特典で機種変更してからBroad WiMAXに乗り換えれば格安でもう1台モバイルWi-Fiルーターを手に入れられますよ。

新しい端末を2台とも使用するのであれば、当然回線契約が必要ですけどね。今なら楽天モバイルが1年間は実質無料で利用することが可能なので、これと組み合わせてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT 2.0の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも今ならプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

申し込む際に楽天モバイルID【2020040810791】を入力すると楽天ポイントが2,000P貰えます。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました