最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
携帯電話

iPhone 6s/SE/7/8/Xを楽天モバイル(MNO)のSIMで使用する方法が確立される

iPhoneを楽天モバイル(MNO)で使用するための方法を解説した記事 携帯電話

電話かけ放題にデータ通信使い放題、さらにプラン料金が1年間無料などいろいろと話題の楽天モバイル(MNO)ですが、公式に動作保証されている端末はAndroidばかりで、iPhoneは非対応となっています。

実際はiPhone XS/XR以降のiOS端末では使用可能なことがユーザーによって確認されていて、しかも物理SIMだけでなくeSIMでも動作するとのことで、比較的新しいモデルであればiPhoneでも楽天モバイルを使用することが可能です。

一方でiPhone X以前のモデルについては使用不可となっています。少なくとも普通に物理SIMを挿入してAPNを設定するだけではダメです。

ところが先日、有志によってiPhone 6s/SE/7/8/Xで楽天モバイルのSIMカードを使用するための方法が確立、公開されました。これによってSIMフリーであればどのiPhoneでも、楽天モバイルのSIMカードを使用できるようになる可能性が生まれました。

あくまでも非公式な方法ですし、iOSのバージョンなど環境によっては上手くいかない場合もあるかもしれませんが、私自身iPhone SEで使用可能であることを確認したのでその方法を紹介しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天モバイル(MNO)で使用可能なiPhoneについて

モデル SIMロック解除の可否 VoLTEの対応状況 楽天モバイルの使用可否
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
〇(非公式)
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
× × ×

楽天モバイル(MNO)では電話やSMSが無料で使い放題になるRaluten Linkというアプリが存在しますが、Rakuten Linkは現状Android向けのアプリしか提供されていません。また公式に動作保証されている端末もAndroid搭載機種のみとなっています。

しかし理論上は楽天モバイル、もしくはパートナー回線であるauのLTEおよびVoLTEに対応している端末であれば使用できる可能性があるはずです。

iPhone XS/XR以降は非公式ながら使用可能

実際にXS/XR以降のiPhoneであれば楽天モバイルのSIMカードで電話の発着信やデータ通信、テザリングも使用可能であることが確認されていて、正常に動作するとは保証しないとしながら楽天モバイルも認めています。

ただしiOS端末向けのRakuten Linkアプリは存在しないので、電話やSMSを無料で利用することはできません。またプレフィックスによる通話料割引アプリも原則使用不可能とされています。

iPhone 6/6 Plus以前は使用不可

iPhone 6/6 Plus以前のモデルについてはSIMロック解除の義務化が始まるよりも前に発売されたため、docomoやau、SoftBankから購入したiPhoneを他社のSIMカードで使用すること自体が不可能です。

まあ6以前のモデルでもSIMフリーの個体を手に入れたり、非公式にSIMロックを解除する方法もなくはないですが、仮にSIMロックがかかっていない個体を持っていたとしても6以前はVoLTEに対応していないので楽天モバイルで音声通話を利用することは絶対に不可能です。

iPhone 6s/SE/7/8/Xも設定次第で使用可能になる

それではiPhone 6s以降、iPhone Xまでのモデルはというと、普通にSIMカードを入れてAPNを設定しただけでは使えません。私もとりあえずiPhone SEにSIMを入れてみたものの、APNを設定しただけでは使えなかったので諦めていたのですが…

先日しゅう@brucezhmjp氏がこれらの旧モデルでも楽天モバイルのSIMカードを使えるようにする方法をブログで公開してくれました。

それを参考に私もiPhone SEの設定を弄ったところ、パートナーエリアにおいて楽天モバイルのSIMカードで音声通話やSMS、データ通信にテザリングも利用することが可能になったので、その方法を紹介します。

iPhone 6s/SE/7/8/Xを楽天モバイルのSIMで使用する方法

しゅうのブログ

手順については上記のブログを読んでその通りに実行すれば上手くいくはずです…とはいっても実行する場合は各自自己責任でお願いします。書くまでもないことだとは思いますが。

iOSのバージョンなど環境によっては上手くいかない場合もあるかもしれません。私はiOS 13.4.1のSIMフリー版iPhone SEで上手くいきました。ちなみにパートナーエリアでの実行結果です。

一応この記事でも補足を入れつつ私なりにまとめておきます。

必要なもの

  • iTunesをインストールしたPC
  • 開通済みの楽天モバイルのSIMカード

まずiPhoneを弄るためにiTunesをインストールしたPCが必要です。またWindowsならiTunesはMicrosoft Storeから配信されているアプリ版ではなく、従来のタイプのiTunesである必要があります。iTunes.exeにおまじないをかけるので。

また楽天モバイルのSIMカードはあらかじめ開通させておく必要があるそうです。私は既に開通済みだったので、未開通だと本当に無理なのかどうか検証できませんが…まだ開通させてない方は、iPhone以外の端末で開通させましょう。

ちなみに公式に動作保証されている端末だとHUAWEI nova lite 3やOPPO AX7あたりが2万円以下で手に入ります。

iPhoneに必要な事前準備

楽天モバイルのプロファイルをインストールするため、既に他のプロファイルがインストールされている場合はあらかじめアンインストールしておく必要があります。プロファイルは設定画面の一般→プロファイルから削除することが可能です。

また「iPhoneを探す」機能も無効化しておく必要があるそうなので、有効化している方は設定画面の1番上の項目からOFFにしておきましょう。

iPhoneの操作:楽天モバイルのプロファイルをインストールする

準備が整ったらiPhoneに楽天モバイルのプロファイルをインストールしていきます。

楽天モバイルのプロファイルは公式から配布されているわけではないので、自分で作成しないといけません。

Wi-Fiに接続したiPhoneでSafariを起動、iOS APN configuration profile generatorにアクセスしてAPNにrakuten.jpと入力し、IPv6対応版を作成にチェックを入れて作成、ダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら設定画面の一般→プロファイルからインストールしてください。

PCの操作:iTunesを使用してキャリア設定ファイルを適用させる

ここからはPCの作業です。

Macの場合はターミナル、Windowsならコマンドプロンプトを起動して、それぞれiTunesの実行ファイルに対して下記のコマンドを実行します。iTunesのインストール場所によってはパスが変わるので要注意。

  • defaults write com.apple.iTunes carrier-testing -bool YES(Mac)
  • “C:\Program Files\iTunes\iTunes.exe” /setPrefInt carrier-testing 1(Windows)

1文字も間違えることなく実行してください。私は1文字間違えてこの後で若干躓きました。

このコマンドの実行が完了すると、iTunesでキャリア設定ファイルを扱えるようになります。1文字間違えていた私は扱えるようになりませんでした。

そのキャリアデータファイルは先ほどのしゅうのブログで配布されているので、適用するiPhoneに対応するファイルをダウンロードしてください。ただし不具合が起きても責任は取れませんので自己責任でお願いします(2回目)。

ここまでの手順がすべて済んだらiPhoneをPCに接続してiTunesを起動、概要画面を表示しましょう。

そしてShiftキーを押しながら「iPhoneを復元」をクリックするとファイルを選択する画面が表示されますが、そのままだとキャリアデータファイルが表示されないので、ファイルの拡張子をipccに変更します。これでダウンロードしたキャリアデータファイルを適用することが可能です。

以上で作業は終了です。しばらく待つとアンテナピクトが立ってRakuten 4Gと表示され、電波が繋がりました。

万が一上手くいかない場合は機内モードのON/OFFや再起動などを試してみましょう。

まとめ:iPhone 6s/SE/7/8/Xも楽天モバイル(MNO)で使える

この方法のおかげで、楽天モバイルで使用可能な端末が増えて非常に助かりました。手持ちの音声端末は軒並みアウトだったのでnova lite 3を購入しましたが、Galaxy S20 5Gのようなハイエンド端末をメインで使用しているとエントリークラスのnova lite 3はなかなか使う気になれず…しかも大型で無駄にかさばりますし。

その点、小型で持ち歩きやすいiPhone SEで楽天モバイルが使用できるようになったのは本当にありがたいです。まあ実際に使うことはほぼほぼないでしょうけれども。自宅は楽天回線エリアではないですし、Galaxy S20 5Gでdocomoの5Gギガホを契約しているので無制限回線も間に合っていますし。

しかしメインの端末として(という書き方の時点でおかしい気もしますが)iPhoneを楽天モバイルで使用したい方にとっては朗報ですね。

非公式な方法なので必ずしも上手くいく、あるいは今後もずっと通用するという保証もありませんが、iPhone 6s/SE/7/8/Xを楽天モバイルで使いたい方は自己責任で(3回目)試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT 2.0の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも今ならプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

申し込む際に楽天モバイルID【2020040810791】を入力すると楽天ポイントが2,000P貰えます。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました