ギガ放題の1年契約は可能?短期契約ならFUJIWifiのWiMAX 2+プランがおすすめ!

WiMAX 2+を1年だけ契約したい人向けの記事のアイキャッチ画像 WiMAX 2+

WiMAX 2+のギガ放題を1年契約、あるいはそれよりも短期間だけ契約したいと考えている方はいませんか?

昔のWiMAXは1年契約が可能なプランが存在しましたが、現行のWiMAX 2+は2年契約、または3年契約のみの提供となりました。さらに最近は2年契約の新規受付を終了するプロバイダーも増えていて、3年契約しか受け付けていないWiMAX 2+サービスが主流になってきています。

2年契約や3年契約のプランを契約してから1年で解約してしまうと、高額な違約金が発生します。1年間しか使わない予定なら、短期間で解約しても違約金が発生しないサービスを選びたいですよね。

モバイルWi-Fiルーターを解説しているサイトによっては、違約金を払ったとしても高額なキャッシュバックを貰えるという理由で2年契約、または3年契約を推奨していることがあります。

しかしこのようなキャッシュバックを貰って短期解約する方法はおすすめしません。事業者側が悪質だと判断すれば、キャッシュバックの返還を求められる可能性があるからです。

事業者によっては、定期契約を結ばずに契約することがWiMAX 2+サービスも一応存在します。ところが契約期間に条件がないプランは月額料金が非常に高額です。例えばUQ Flatツープラス ギガ放題(期間条件なし)は5,880円/月。2年契約や3年契約と比較すると、1か月あたり1,500円も高くなってしまいます。

しかも定期契約なしだとキャッシュバックなどの入会特典を貰えないことがほとんどなので、違約金を支払うよりも損してしまう可能性が高いです。

それではWiMAX 2+を短期間だけ契約したい場合はどうすれば良いのでしょうか?

結論から述べると、【FUJIWifi】のWiMAX 2+を契約すれば格安の料金でギガ放題を利用できる上に、いつ解約しても違約金が発生することはありません。

FUJIWifiは契約期間に一切の縛りがないため、契約1年後に解約しても1か月後に解約しても違約金が発生することは絶対にないのです。

それなのに月額料金は3,200円/月と格安です。UQ Flatツープラス ギガ放題(期間条件なし)の半額程度に抑えられるのです。

ここではWiMAX 2+を1年契約など短期間だけ契約したい方に向けて、おすすめのサービスや契約方法について詳しく解説します。

最新のWiMAX 2+は1年契約のプランが存在しない?

冒頭でも述べたように、昔のWiMAXは1年契約が可能でした。

しかし最新のWiMAX 2+では、基本的に3年契約のプランのみ提供されています。そのため1年だけ利用して解約すると、高額な違約金を支払わないといけません。

それでは契約期間を縛られないように、期間条件なしのプランを契約する方法はどうでしょうか?

定期契約なしのWiMAX 2+は月額料金が高額なので損

プラン名称 月間データ通量量 月額料金
UQ Flatツープラス (期間条件なし) 7GB 5,196円/月
UQ Flatツープラス ギガ放題(期間条件なし) 上限なし 5,880円/月

例えばWiMAX 2+の本家UQコミュニケーションズでは、契約期間に条件がないプランも提供されています。それがUQ Flatツープラス (期間条件なし)とUQ Flatツープラス ギガ放題(期間条件なし)です。

しかしいずれも、2年契約や3年契約の同等プランと比較すると月額料金が1,500円も高くなってしまいます。

これらを1年間契約したとすると、差額の合計は18,000円です。また定期契約なしだと、キャンペーンや入会特典が適用されないことがほとんどなので、実質的にはもっと損することになるでしょう。

2年契約も3年契約も、課金開始月から13か月以内に解約すると19,000円、14か月目~25か月目は14,000円の契約解除料が発生します。仮に12か月目で解約したとしても、定期契約なしで1年契約するのと1,000円しか違いません。

実際は2年契約や3年契約を条件にキャッシュバックをプレゼントしたり、最初の3か月間だけ月額料金を大幅に割引きするといった特典が存在することも考慮すると、結局違約金を支払ってでも特典を貰って解約したほうが得する可能性が高いのです。

しかし、2年契約や3年契約を短期解約する方法はかなり注意しなくてはいけません。

キャッシュバックを貰って短期解約するのが1番得?

2年契約や3年契約を条件にキャッシュバックを行っているWiMAX 2+事業者は非常に多いです。

キャッシュバックを貰える条件は事業者によって異なりますが、2年契約や3年契約などの契約期間を満了する前に貰えることがほとんど。そのためキャッシュバックを貰った後、契約期間を満了する前に違約金を支払って解約することが事実上可能です。

例えば3年契約のキャッシュバック金額が3万円なら、1年後に解約して19,000円の違約金を支払うことになったとしても、何も特典がない定期契約なしのプランを契約するよりも得ですよね。

このようなキャッシュバックを貰ってからすぐに解約する方法を勧める記事をたまに見かけますが、この方法は必ずしも上手くいくとは限らないのであまりおすすめしません。

なぜなら、事業者によっては短期間で解約するとキャンペーンの対象外となってしまうリスクがあるからです。

短期解約はキャンペーンの対象外になるリスクがある

例えばキャッシュバックが比較的高額で有名なSo-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーン詳細にはこのような注意書きがあります(※現在は終了しています)。

キャッシュバック特典の適用を希望される場合、So-net キャンペーン対象コースを 無料期間終了後、24カ月間ご利用いただくことを前提にお申込みください。それ以前の解約につきましては返金いただく場合がございます。

つまり、契約後2年以内に解約すると既にキャッシュバックを貰っていたとしても返還しないといけない可能性がある、ということになります。

はっきりとした表現ではないので、必ずしもキャッシュバックの返還を求められるとは限りません。しかし事業者側が短期解約を快く思っていないことは確かですよね。

事業者側の判断次第ではありますが、筆者はこのような不確実な方法はおすすめしません。

キャッシュバックを受け取る前に解約しても対象外

また契約時は1年間継続して利用するつもりだったとしても、何らかの理由でもっと短期間で解約したくなることも考えられますよね。

キャッシュバックを受け取る前にWiMAX 2+を解約してしまうと、当然キャッシュバックを受け取る権利はなくなってしまいます。

こういったリスクがあるので、特に1年未満の短期間しか利用しないつもりなのであれば、キャッシュバック目当てでWiMAX 2+を契約することはおすすめしません。

それよりも断然おすすめなのがFUJIWifiのギガ放題です。

WiMAX 2+の短期契約ならFUJIWifiが格安でおすすめ

FUJIWifiはモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。そのため2,980円/月という格安料金でWiMAX 2+を提供することが可能となっています。

回線自体は他のWiMAX 2+事業者と同様、UQコミュニケーションズが所有しているWiMAX 2+回線とau 4G LTE回線を使用しているので高品質です。

FUJIWifiのWiMAX 2+系料金プラン

FUJIWifi全体では様々な料金プランが提供されていますが、WiMAX 2+回線を利用することが可能なプランは現在下記の1種類のみです。

  • WiMAX 2+ with au 4G/LTEプラン

過去には月々割プランという2年契約向けの特殊なプランが提供されていましたが、現在はWiMAX 2+ with au 4G/LTEプラン一択となっています。

このプランはWiMAX 2+のギガ放題とLTEオプションを組み合わせたプランです。

WiMAX 2+の本家、UQコミュニケーションズのギガ放題は月額料金が4,380円/月もかかります。またLTEオプションを利用すると別途1,005円/月の追加料金が発生するため、月額料金の合計は5,385円/月になります。

ただし3年契約の場合、LTEオプションを利用しても追加料金はかかりません。LTEオプションの詳しい内容については下記の記事をお読みください。

WiMAX 2+のLTEオプションとは?ハイスピードプラスエリアのメリットとデメリットを解説
WiMAXやWiMAX 2+は電波が繋がりにくいと言われることが多いですが、そういったレビューや口コミを読んで不安になっている方はいませんか? docomoやauなどの大手携帯電話会社と比較すると、確かにWiMAX 2+は屋内や高層ビ...

しかしFUJIWifiは3年契約ではないのにもかかわらず、LTEオプションの利用料金も含めて3,200円/月なので非常にお得です。

さらにFUJIWifiのメリットは月額料金が安いことだけではありません。1年契約や短期間だけ契約したい方に向いている大きな理由があります。

FUJIWifiが短期契約に向いている理由

FUJIWifiのWiMAX 2+ with au 4G/LTEプランは他のWiMAX 2+サービスとは異なり、3年どころか契約期間に一切の条件や縛りがありません。

いつ解約しても違約金を請求されることがないので、短期間だけWiMAX 2+を契約したい方や、契約期間がどれくらいになるのか見通しが立たない方にとって最適なサービスなのです。

GMOとくとくBBなどとは異なり高額なキャッシュバックが貰えることはありませんが、その代わりに月額料金が格安なのでトータルコストで比較しても負けていません。

キャッシュバックを貰えるWiMAX 2+サービスとトータルコストを比較

FUJIWifi GMOとくとくBB
初期費用 2,000円 3,000円
月額料金 3,200円/月 初月:3,609円(日割)
2~3か月目:3,609円/月
4~13か月目:4,263円/月
違約金 24,800円
キャッシュバック(非課税) ▲40,500円
13か月間合計(税込) 47,088円 47,257円

年中高額なキャッシュバックを行っているGMOとくとくBB WiMAX 2+とFUJIWifiについて1年間のランニングコストを計算してトータルコストを比較してみました。

GMOとくとくBBはギガ放題の3年契約ですが、課金開始月から起算して12か月目の末日にキャッシュバックを無事受け取り、13か月目に違約金を支払って解約すると仮定します。

きっちり12か月で解約しようとすると12か月目の20日までに解約手続きを行わないといけませんが、そうするとキャッシュバックを受け取る権利を失ってしまうので、GMOとくとくBBは最低でも13か月契約する必要があるのです。

シミュレーションの結果、それぞれ13か月間契約した場合のトータルコストはほぼ同じという結果になりました。

しかしFUJIWifiは12か月以内に解約してもペナルティは一切ないので、無理に13か月も契約する必要はありません。つまり1年だけ契約するのであれば、FUJIWifiのほうが確実に安く済みます。

以上の理由から1年だけ契約したい、あるいは1年も契約しないのであれば、キャッシュバックを貰って解約するよりも月額料金が格安のFUJIWifiを契約するほうがおすすめです。

ただしFUJIWifiにもデメリットはあります。

FUJIWifiのデメリット

FUJIWifiはモバイルWi-Fiルーターをレンタルで貸し出しているサービスです。一般的なWiMAX 2+事業者とは異なり、提供している端末は新品ではありませんし、解約時には返却しないといけません。

特に注意したいのが、まず提供端末が中古品であるということです。バッテリーは少なからず消耗している可能性があり、新品端末と比較すると電池持ちが悪くなっている恐れがあります。

また端末を紛失した際の弁償金が非常に高額で、保証サービスに加入していないと本体のみでも2万円、SIMカードも含めると2.4万円も支払わなくてはいけません。しかしトラブルを恐れて実質320円/月の安心サポートPremiumに加入するとお得感が薄れてしまいます。

一方でレンタル方式ではないWiMAX 2+なら、SIMカードさえ再発行してもらえれば端末はAmazonなどで白ロムを調達するという選択肢があるので、費用を最小限に抑えることが可能です。

中古端末やレンタルであることに抵抗がある方には向いていないので、FUJIWifi以外の選択肢を検討しましょう。

またFUJIWifiのWiMAX 2+プランにはもう1つ注意点があります。

在庫が非常に少なくなっている

FUJIWifiのWiMAX 2+プランは人気のため、端末の在庫がなくなりがちです。そのため申し込みの受付を停止していることがしばしばあり、なかなか契約したいタイミングで申し込めないことがあります。

また2018年11月の発表によると、今後はまとまった数の在庫を用意することが難しくなるとのことで、さらに競争率が高くなると予想されます。

WiMAX 2+のギガ放題を短期契約したいのであれば、在庫があるうちに申し込み手続きを済ませましょう。

まとめ

昔とは異なり、現行のWiMAX 2+サービスでは1年契約が存在しません。そのため基本的には2年契約や3年契約を選ぶしかありませんが、短期間で解約すると高額な違約金を請求されたり、キャッシュバックの返還を求められる恐れがあります。

しかしFUJIWifiのWiMAX 2+なら、月額料金は3,200円/月と格安なのに、いつ解約しても違約金が発生することはありません。いつでも好きなタイミングで解約することが可能です。

レンタルサービスなので貸し出される端末は基本的に中古品ですが、それさえ割り切れるのであればWiMAX 2+を短期契約したい方に最適なサービスです。

WiMAX 2+のギガ放題を短期間だけ契約したいなら、断トツでFUJIWifiが優れています。ただ1度在庫を切らすとなかなか復活しないですし、今後はまとまった数を用意することが難しくなるようなので、申し込むチャンスを逃さないように注意してください。

FUJIWifiのお申し込みは↓の緑のボタンからどうぞ。

WiMAX 2+
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました