WiMAX 2+でグローバルIPアドレスオプションを利用する方法と注意点

ノートに書きながら考えている女性 WiMAX 2+

WiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使いたいと考えている方はいませんか?

WiMAX 2+はUQコミュニケーションズをはじめとする複数のWiMAX 2+事業者、いわゆるプロバイダーから提供されていますが、そのほとんどがグローバルIPアドレスオプションを提供しています。

このグローバルIPアドレスオプションを利用すれば、たった96円/月の追加料金でグローバルIPアドレスを使用することが可能です。

またグローバルIPアドレスオプションに対応していないプロバイダーでも、追加料金不要でグローバルIPアドレスを使える場合があります。

ただし、すべてのプロバイダーがグローバルIPアドレスを提供しているわけではありません。つまりプロバイダーによってはプライベートIPアドレスしか割り当てられず、グローバルIPアドレスを使うことはできないのです。

そこでグローバルIPアドレスを使えるWiMAX 2+のプロバイダーを全部調べてまとめました。確実にWiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使いたい方は、ぜひこの記事を読んでください。

ちなみにWiMAX 2+以外のモバイルWi-Fiルーターについて知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

グローバルIPアドレスが利用可能なモバイルWi-Fiルーターまとめ
モバイルWi-FiルーターでグローバルIPアドレスを使いたい方向けに、対応しているサービスをすべて調べてまとめました。 結論から述べると、SoftBankやY!mobileブランドのPocket WiFiは対応していませんが、doco...

グローバルIPアドレスを使えるWiMAX 2+のプロバイダーとは

WiMAX 2+のプロバイダーは約20社存在しますが、ASAHIネット以外のプロバイダーでは通常プライベートIPアドレスが割り当てられます。

例外的に大手携帯電話会社のKDDIなら、端末のAPN設定を変更することで無料でグローバルIPアドレスを使用することが可能です。しかしKDDIのWiMAX 2+は致命的なデメリットがあるためおすすめしません。その理由は後述します。

ASAHIネットとKDDI以外では、グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーなら、追加料金はかかりますがグローバルIPアドレスを割り当ててもらうことができます。

上記以外のプロバイダーではグローバルIPアドレスを使用できません。WiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使いたいのであれば、プロバイダー選びは非常に重要なのです。

それではグローバルIPアドレスオプションとはいったいどのようなオプションなのか、これから解説していきます。

グローバルIPアドレスオプションとは

グローバルIPアドレスオプションとは、名前の通りWiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使用するための有料のオプションサービスです。

一部のプロバイダーを除いて、グローバルIPアドレスオプションを利用するにあたって事前の申し込み手続きなどは必要ありません。端末のAPN設定を変更するだけで、すぐにグローバルIPアドレスでインターネットに接続することが可能になります。

月額利用料は全社横並びの96円/月です。料金は日割計算されず、当月中に1度でもグローバルIPアドレスで接続すると満額請求されます。

グローバルIPアドレスオプションのAPN設定方法

WiMAX 2+のグローバルIPアドレスオプション設定方法

WiMAX 2+対応機器のAPN(プロファイル)設定を変更するには、パソコンやスマートフォンなどの端末から設定ツール(WEB管理画面)にログインする必要があります。

設定ツールのURLや、ログインに必要なユーザー名とパスワードの初期値は機種によって異なるので下記をご確認ください。

機種 URL ユーザー名 パスワード
ファーウェイ・ジャパン製(W06、W05、L02、L01sなど) http://192.168.100.1 admin IMEIの末尾5桁
NECプラットフォームズ製(WiMAX HOME 01、WX05、WX04など) http://192.168.179.1 admin 初回アクセス時に設定した管理者パスワード
URoad-Stick http://192.168.100.254 admin admin
URoad-Home2+ SSID1のセキュリティキー

IMEIについて補足しておくと、これは個体ごとに異なる固有の製造番号のことです。例えばW05なら端末の背面に記載されています。

管理ツールにログインしたら、新しいプロファイルを作成しましょう。

プロファイルに設定する内容は機種によらず共通です。

プロファイル名 (任意)
APN(接続先情報) wx2.uqwimax.jp
ユーザー名 global@wx2.uqwimax.jp
パスワード 0000
認証タイプ CHAP
IPタイプ IPv4

作成したプロファイルに切り替えて接続すると、グローバルIPアドレスが割り当てられているはずです。

ただしWiMAX 2+サービスを新規契約した場合だけ、加入が完了した翌日の午前2時からグローバルIPアドレスによる通信が可能になります。

もしグローバルIPアドレスオプションの利用をやめたくなった場合は、デフォルトのプロファイルに戻せばOK。これだけでまたプライベートIPアドレスが割り当てられるようになります。

有料でグローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダー

事業者名称/サービス名称 公式サイト 備考
ニフティ株式会社
@nifty WiMAX
株式会社ラネット
BIC WiMAX SERVICE
BIC WiMAX SERVICE
ビッグローブ株式会社
BIGLOBE WiMAX 2+
株式会社リンクライフ
Broad WiMAX
他社のWiMAX 2+から乗り換える際、契約解除料を負担(最大1.9万円)してくれる唯一のプロバイダー。
ダイワボウ情報システム株式会社
DIS mobile
DIS mobile
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
DTI WiMAX 2+
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン Eクーポンからの新規申込受付は終了。
GMOインターネット株式会社
GMOとくとくBB WiMAX 2+
W05とL01sは2年契約だと利用不可。
株式会社シンセイコーポレーション
novas WiMAX
novas Home+CAならDDNSを利用して固定IPアドレス的な使い方が可能。
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
So-net WiMAX 2+
株式会社エヌディエス
Tikiモバイル WiMAX 2+
UQコミュニケーションズ株式会社
UQ WiMAX
novas Home+CAならDDNSを利用して固定IPアドレス的な使い方が可能。
株式会社ヤマダ電機
YAMADA air mobile WiMAX
YAMADA air mobile WiMAX
株式会社エディオン
エディオンネット
エディオンネット 利用開始および解約は事前手続きが必要。

グローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーを調べてみたところ、全部で13社が対応していました。

ただしGMOとくとくBBについては、一部の端末は2年契約だとグローバルIPアドレスオプションを利用できず、3年契約のみの提供となっています。またエディオンネットだけは、利用開始および解約にあたって事前手続きが必要です。

オプションの月額利用料やサービス内容自体はすべて共通なので、どのプロバイダーでも同じようにグローバルIPアドレスを使用することができます。

ですからグローバルIPアドレスを利用したい方はこれらのプロバイダーのWiMAX 2+を契約しましょう…と言いたいところですが、WiMAX 2+でグローバルIPアドレスを提供しているプロバイダーは他にもありましたね。そう、ASAHIネットとKDDIです。

無料でグローバルIPアドレスを提供しているプロバイダー

事業者名称/サービス名称 公式サイト 備考
株式会社朝日ネット
ASAHIネット WiMAX 2+
ASAHIネット WiMAX 2+ 標準でグローバルIPアドレスが割り当てられる。
KDDI株式会社
au
au APN設定を変更するとギガ放題でも7GB制限の対象になる恐れあり。

ASAHIネットとKDDIと契約したWiMAX 2+なら、追加料金不要でグローバルIPアドレスを割り当ててもらえます。

特にASAHIネットではAPNの設定変更さえも不要で、標準でグローバルIPアドレスを使用することが可能です。

KDDI、auブランドのWiMAX 2+は専用のAPNを設定すれば無料でグローバルIPアドレスを使える…のですが、APN設定を変更すると容量無制限のギガ放題(正確にはWiMAX 2+ フラット for DATA EX)に加入していても7GB制限の対象になってしまう可能性がある、と注意喚起されています。

当社が販売している対応機種以外の動作確認については保障しかねます(また、APN設定を変更された場合、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信が速度制限(月間7GB超)の対象外となる料金プランにご加入であっても、速度制限(月間7GB超)の対象となるなど、予期せぬ動作となることがあります。)。

出典:LTE NET for DATA|KDDI株式会社

実際に筆者が試してみたところ、確かにデータ通信量が7GBを超過したところで速度制限が行われるようになりました。しかもLTEオプションを利用していないにもかかわらず、LTEオプションの利用料金が発生したというおまけ付きです。。

以上の理由から、au契約のWiMAX 2+でグローバルIPアドレスを使用することはおすすめしません。

どうしてもギガ放題なグローバルIPアドレスを使いたいならASAHIネット、もしくはグローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーのWiMAX 2+サービスを契約しましょう。

一応、au契約でグローバルIPアドレスを割り当ててもらうためのAPN設定も記載しておきます。

プロファイル名 (任意)
APN(接続先情報) au.au-net.ne.jp
ユーザー名 user@au.au-net.ne.jp
パスワード au
認証タイプ CHAP

DDNSを利用すればIPアドレスを実質的に固定することが可能

UQ WiMAXやnovas WiMAXで購入可能なnovas Home+CAはダイナミックDNS、いわゆるDDNS機能を搭載しています。

グローバルIPアドレスオプションとDDNSを組み合わせて利用すれば、UQ WiMAXやnovas WiMAXでも固定IPアドレスと同じような使い方が可能です。

DDNSを利用したIPアドレスの固定方法については下記の記事を参照してください。

モバイルWi-FiルーターのIPアドレスをDDNSで固定する方法まとめ
モバイルWi-Fiルーターで固定IPアドレスを使いたい方のために、その方法についてまとめました。 VPNを利用できる環境なら、インターリンクのマイIPを契約すれば固定のグローバルIPアドレスが使えるようになります。ただマイIPを利用す...

まとめ

WiMAX 2+はプロバイダーの選択さえ間違えなければ、グローバルIPアドレスを使用することが可能です。

ASAHIネットなら標準でグローバルIPアドレスが割り当てられますし、それ以外にもグローバルIPアドレスオプションを提供しているプロバイダーは13社も存在します。

ただしGMOとくとくBBについては、一部の端末は2年契約だとグローバルIPアドレスオプションが提供されていません。

また1番注意しないといけないのはKDDI、au契約のWiMAX 2+です。こちらは無料でグローバルIPアドレスを使用できるものの、ギガ放題でも7GB制限の対象となってしまいます。

グローバルIPアドレスとギガ放題を両立させたいのであれば、ASAHIネット+13社のプロバイダーが無難です。

もし固定IPアドレスを使いたいのであれば、ASAHIネット以外にもUQ WiMAXかnovas WiMAXでDDNSを利用するという方法もあります。

WiMAX 2+
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました