USB型データ通信端末やモバイルWi-Fiルーターまとめ

机に並べられたノートパソコンやスマートフォンなど大量のガジェット類 Wi-Fi全般

USBでパソコンと直接接続して使用するタイプのデータ通信端末について、現在も入手可能、あるいは使用可能なLTE対応機種に限定してまとめました。

USB型データ通信端末はバッテリーを内蔵していないため、基本的にパソコンと接続して給電できる環境でないと使用できません。また大半の機種はWi-Fi機能を搭載していないので、インターネットに接続できるのはUSBで繋いだパソコンのみとなります。

ただし一部の機種はWi-Fiで接続することも可能なので、パソコンがなくてもモバイルバッテリーやカーチャージャーから給電してモバイルWi-Fiルーターとして使用するといった使い方も可能です。

USB型データ通信端末が欲しい方はぜひこの記事をお読みください。

USB型データ通信端末とは

USB型データ通信端末とは、パソコンをインターネットに接続するためのデバイスです。

名称についてはUSB型データ通信端末の他にもUSBメモリ型やUSBスティック型、あるいはUSBモデムやLTEドングルなどいろいろな呼び方がありますが、ここではUSB型データ通信端末で統一しておきます。

これがあれば、固定回線を引いていなかったり、Wi-Fiがない環境でもパソコンでインターネットを利用することが可能です。

パソコンとUSBで接続して使用するUSBメモリサイズのモデム

パソコンをインターネットに接続する場合、一般的にはLANケーブルやWi-Fiでルーターと接続しますが、USB型データ通信端末ならこれをUSBポートに接続するだけでインターネットに繋がるようになります。

USBメモリ型やUSBスティック型と呼ばれることがあるように、筐体は非常にコンパクトで軽量です。USBメモリよりは一回りほど大きいですが、重量はせいぜい30gから40gくらいしかありません。

USB型データ通信端末のメリット

USB型データ通信端末を利用するメリットはいくつかあります。

まず本体が小さくて軽いので、モバイルWi-Fiルーターよりも持ち歩きやすいです。またパソコンのUSBポートから給電して動作するのでバッテリーを内蔵しておらず、充電を気にする必要がありません。

モバイルWi-FiルーターでもUSBで接続することが可能ですが、こちらはUSBケーブルで繋ぐ必要があります。外出先や移動中に使用するには煩わしいですし、同時にモバイルWi-Fiルーターの充電が行われるためノートパソコンのバッテリーを大量に消費してしまうのがネックです。

またモバイルWi-Fiルーターは長期間使用しているとバッテリーが膨張して使えなくなってしまう恐れがありますが、USB型データ通信端末ならそんな心配もありません。

他にも、Wi-Fi機能を搭載していないデスクトップパソコンもこれ1つでインターネットに繋げられるといったメリットなどがあります。

USB型データ通信端末のデメリット

USB型データ通信端末のデメリットは、基本的にUSBで接続するパソコンしかインターネットに繋げられないことです。

一部の機種はWi-Fiを内蔵していてスマートフォンやタブレットでも利用できますが、大半の機種はUSBポートを搭載しているパソコンでしか使えないので、パソコン以外のデバイスをインターネットに繋ぎたい方には向いていません。

また通信速度について、最新のモバイルWi-Fiルーターが下り最大1Gbpsを超えてきている一方で、USB型データ通信端末はほとんどの機種が下り最大150Mbps程度です。

通信速度にこだわるのであれば、CAや4×4 MIMOといった最新技術が搭載されているモバイルWi-Fiルーターをおすすめします。

USB型データ通信端末の一覧

機種 備考
docomo L-02C
L-03D
L-03F
Amazonなどで白ロムが購入可能
au Speed USB STICK U01
Speed USB STICK U03
法人契約のみ可能
SoftBank
Y!mobile
Hybrid 4G LTE SoftBank 403ZT
SoftBank 604HW
法人契約のみ可能
WiMAX 2+ Speed USB STICK U01 Triprouterとセットで個人向けに販売
Triprouterと接続することでWi-Fiが利用可能
SIMフリー ピクセラ PIX-MT100 LTE B1/B3/B19対応
docomoのプラチナバンドに対応
Wi-Fi機能を搭載
グリーンハウス GH-UDG-MCLTEC LTE B1/B18/B19対応
docomo・auのプラチナバンドに対応
富士ソフト +F FS040U LTE B1/B3/B8/B11/B18/B19/B26/B41対応
B41はWiMAX 2+に対応(AXGPは非対応)
docomo・au・SoftBankのプラチナバンドに対応
富士通 Si-L10 LTE B1/B3/B18/B19対応
docomo・auのプラチナバンドに対応
Wi-Fi機能を搭載

USB型データ通信端末は携帯電話各社から提供されていますが、そのほとんどは個人が入手することは困難です。

現在個人が契約できるのはWiMAX 2+向けのSpeed USB STICK U01のみ。もしくはSIMフリーのUSB型データ通信端末を購入して、格安SIMなどと組み合わせるくらいしか方法はありません。

docomo

docomoはL-03Fの発売を最後に何年も新機種が登場していません。

L-03Fですら4年以上前の機種なので、docomoと直接契約して購入することはまず無理でしょう。

しかしL-02CやL-03Dあたりなら中古端末が市場に大量に出回っているので、Amazonなどで白ロムを購入することは可能です。

どちらもLTEは2GHz帯のみ対応。つまりプラチナバンドと呼ばれる800MHz帯には対応していませんが、FOMAプラスエリアには対応していて3Gの800MHz帯には繋がるので、通信速度にこだわらなければ使えないことはありません。

au

auは現在、個人向けのUSB型データ通信端末は提供していません。法人向けにはキャリアアグリゲーションに対応している機種を提供しています。

ただし後述するように、旧型のSpeed USB STICK U01ならWiMAX 2+サービスを提供している一部のプロバイダーから購入、契約することが可能です。

SoftBank/Y!mobile

SoftBankに吸収される前のEMOBILE時代はいくつかのUSB型データ通信端末が提供されていて私も利用していましたが、Y!mobileになってからはまったく提供されなくなりました。

一応EMOBILE時代に発売されたGL08DはSIMフリーでLTEにも対応しているので、白ロムが手に入れば格安SIMなどで使用することが可能ではあります。

本家SoftBankでは法人専用端末としてUSB型データ通信端末がラインナップされていますが、auと同様に個人の契約は受け付けていません。

WiMAX 2+

UQコミュニケーションズなどが提供しているWiMAX 2+については、auが法人向けに提供していたSpeed USB STICK U01を一部のプロバイダーがTriprouterという専用外部機器とセットで個人向けに販売しています。

ちなみにこのTriprouter、本来USB接続専用のSpeed USB STICK U01がモバイルWi-Fiルーターとして使用することが可能になるという変わり者優れものです。

Triprouterの内蔵バッテリーは2,500mAh。連続通信時間は約6時間と決して長くはありませんが、USBでもWi-Fiでも使いたいという方に向いています。

ただしTriprouterとセット販売しているプロバイダーは徐々に数が減ってきていて、現在はカシモWiMAXHi-ho WiMAXくらいしか取り扱っていません。

非常に珍しい2台なので、必要な方は早めに手に入れておくことをおすすめします。

SIMフリー

SIMフリー端末については、現在4機種が入手可能です。

Amazonなどで検索すると海外端末の並行輸入品などが見つかるかもしれませんが、技適マークがない端末を国内で使用すると違法行為となる恐れがあるので注意してください。

また海外端末は日本で提供されているLTEの周波数帯にあまり合致していなかったりするので、そういった意味でもおすすめできません。

もっとも無難でおすすめなのはピクセラ製のPIX-MT100です。

ピクセラ PIX-MT100

ピクセラ製のPIX-MT100はUSB型データ通信端末でありながらWi-Fi機能を搭載している珍しい機種です。

そのためパソコンがなくても、ACアダプターやモバイルバッテリーから給電することでモバイルWi-Fiルーターとして使えます。車のシガーソケットにカーチャージャーを取り付ければ、車載Wi-Fiルーターとすることも可能です。

LTEの対応周波数的にはB1/B3/B19をすべて提供しているdocomo回線と1番相性が良いですが、プラチナバンドには対応していないものB1/B3を提供しているSoftBank回線でもそれなりに繋がります。

実勢価格は1万円強と、SIMフリーのUSB型データ通信端末としては安価な部類ですし、特に理由がなければPIX-MT100を購入しておくのが無難です。

グリーンハウス GH-UDG-MCLTEC

グリーンハウス製のGH-UDG-MCLTECはdocomoとauのプラチナバンドに対応しています。

au回線に対応しているUSB型データ通信端末が欲しいなら選択肢に入りますが、Wi-Fiは非搭載ですし、Triprouterのような外部機器も提供されていないので注意してください。

実勢価格は1.5万円ほど。どうしてもau回線でないといけない理由があるなら仕方ないですが、可能ならPIX-MT100でdocomo回線やSoftBank回線を利用したほうが幸せになれると思います。

もしくは格安SIMの契約が必須ですが、後述するSi-L10ならWi-Fi機能を搭載しているので使い道が広がりますし、そちらを検討してみてはいかがでしょうか。

富士ソフト +F FS040U

富士ソフト製の+F FS040Uはマルチキャリア対応を謳っている珍しいUSB型データ通信端末です。

対応バンドが非常に多く、LTEはどのキャリアも4バンド対応しています。しかも3キャリアともプラチナバンドに対応しているので、どのSIMカードを挿しても電波の繋がりやすさは抜群です。

ただし実勢価格は2万円を超えていて、他の機種と比較するとかなり高額だと言わざるを得ません。

せっかくのSIMフリー端末ですし、マルチキャリアに対応しているのは確かに良いことなのですが、日本国内にいて複数のキャリアのSIMカードを使い回すような状況はそうそうないでしょう。

対応バンドは少なくてもWi-Fiを搭載しているPIX-MT100のほうがコストパフォーマンスは優れています。

富士通 Si-L10

富士通製のUSB型データ通信端末、Si-L10はWi-Fi機能を搭載している珍しい機種です。こちらはdocomo回線とau回線に最適化されていますが、SoftBank回線でも使えないことはないでしょう。

本来は法人向けに提供されている機種ですが、格安SIMサービスを提供しているMVNOのIIJmioが唯一個人向けにSi-L10を提供しています。本体価格は税抜12,800円とそれほど高くもありません。

IIJmioの回線契約が必須ではありますが、不要ならすぐに解約してしまっても構いません。初期費用などで約5,000円ほど余計にかかりますが、au回線に対応しているWi-Fi搭載機種が欲しいのであれば、PIX-MT100よりもSi-L10をおすすめします。

PIX-MT100同様、USBポートから電源が取れればモバイルWi-Fiルーターとして使えるので、車載Wi-Fiにもおすすめです。

まとめ

USB型データ通信端末があれば、USBポートに接続するだけでパソコンをインターネットに繋げられます。

モバイルWi-Fiルーターと役割は似ていますが、こちらのほうが非常にコンパクトなので持ち運びが楽ですし、使用時も邪魔になりません。

ただし基本的にWi-Fi機能が搭載されていないため、パソコン以外のデバイスをインターネットに接続することは不可能です。スマートフォンなどでWi-Fiを利用したのであれば、Wi-Fi機能を搭載している機種を選びましょう。

Wi-Fi全般
Ameをフォローする
WiMAX 2+のおすすめプロバイダーランキング
GMOとくとくBB WiMAX 2+

キャッシュバックの金額が1番高額でもっともお得なプロバイダーです。筆者はGMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05を購入しました。

最新機種をお得に利用したいのであればGMOとくとくBBが断然おすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W06を購入した場合、3年間の利用料総額はキャッシュバックを加味すると税込140,420円(約3,795円/月)に相当。

Broad WiMAX

キャッシュバックがない代わりに月額料金は業界最安クラス。他社WiMAX 2+サービスからの乗り換えだと契約解除料を最大1.9万円負担してくれる唯一のプロバイダーです。

2019年3月11日から5月31日までギガ放題学割キャンペーンを開催。Broad WiMAXを契約すると通常3か月間685円の割引を受けられますが、18~25歳の学生なら最大12か月間まで割引が適用されます。

学割非適用時の場合、3年間の利用料総額は機種によらず税込145,100円(約3,921円/月)。

novas WiMAX

クレードルに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W05が欲しい方は必見のプロバイダー。新型のW06はクレードルに非対応で口コミなどの評判も芳しくなく、novas WiMAXのW05はかなり狙い目です。

またWiMAX 2+は全面的に3年契約に移行していますが、novas WiMAXの一部の機種は今でも2年契約に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を購入した場合、3年間の利用料総額は税込127,591円(約3,448円/月)。GMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも1万円以上お得です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました