最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
ガジェット全般

Raspberry Pi公式ディスプレイの画面の向きを回転させる方法

画面表示が上下反転しているRaspberry Pi 4B ガジェット全般

Raspberry Pi 7インチ公式タッチスクリーンディスプレイを使用する場合、専用ケースに取り付けると画面表示が上下反転してしまうことが多いので、その対策方法について備忘録を兼ねてまとめておきます。

ラズパイの画面の向きを回転させる設定方法はいろいろありますが、公式ディスプレイのようなタッチパネルで使用する場合は注意が必要です。

方法によっては画面の表示方向が変わるだけで、タッチパネルの反応位置は変更されず非常に面倒なことになってしまいます。左上のほうをタップしてるのに実際は右下をタップしたことになってたり、触れたところとまったく違う場所が反応するのは控えめに言って地獄です。。

タッチパネルでラズパイを使用する予定の方は気を付けて設定しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Raspberry Piで画面の向きを回転させる方法

Raspberry Pi OSだとGUIで画面の表示方向を回転させることができますが、このやり方だとタッチパネルの反応位置はそのままで画面表示だけが回転してしまうので地獄行きです。

タッチパネル式のディスプレイを使用するならCUIで設定しましょう。ターミナルでnano等のエディタを起動、config.txtを編集します。

$ sudo nano /boot/config.txt

そして画面表示を上下反転させるために以下の1行を追加します。

lcd_rotate=2

編集した内容を保存したらラズパイを再起動しましょう。

$ sudo reboot

これで画面表示が180度回転して、なおかつタッチパネルも正常に反応するはずです。

ちなみにRaspberry Pi OSの他、有料のディストリビューションであるOpenAuto Proでもこの方法で対応できました。

またlcd_rotate=1だと90度、lcd_rotate=3だと270度回転するので、ディスプレイを縦向きに使用したい場合もこの設定方法で対応可能です。

CrankshaftなどGUIで変更できるように専用の設定項目が用意されているディストリビューションもありますが、基本的にはこのやり方で対応するのが良いでしょう。

まとめ

ラズパイで画面表示を回転させる方法はいろいろありますが、公式ディスプレイなどのタッチパネルで使用する場合は注意が必要です。やり方によっては表示だけが回転してしまい、タッチパネルが正常に反応せず地獄を経験することになります。

上下が反転してしまっている場合は、config.txtにlcd_rotate=2を追記しましょう。これで画面表示に合わせてタッチパネルも正常に反応するはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ameをフォローする
モバイルWi-Fiルーターが今すぐ必要な方におすすめのサービス
Y!mobile Pocket WiFi

Y!mobileのモバイルWi-Fiルーター、Pocket WiFiはワイモバイルオンラインストアから購入すれば最短翌日に発送されます。

WiMAX 2+のようなキャッシュバック特典はありませんが、Y!mobileのPocket WiFiには契約期間の縛りがないので、不要になったらいつでもすぐ無料で解約することが可能です。

またSoftBank 4Gで1Gbps級の高速通信に対応しているモバイルWi-Fiルーターが格安に手に入ります。通信速度を重視するなら狙い目です。

楽天モバイル

楽天モバイルの料金プランはRakuten UN-LIMIT Ⅴ(4月にⅥへアップデート予定)の一択しかありませんが、Aterm MP02LNやAterm MR05LN RWといったモバイルWi-Fiルーターも提供されています。楽天回線エリアならデータ通信が使い放題ですし、生活圏が対象エリアに入っているなら有力な選択肢です。しかも4月7日までに申し込めばプラン料金が1年間無料になります。

端末については楽天モバイルから販売されている機種でなくても、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターなら使用可能なものがあります。

おすすめはFS030W。楽天回線エリアとパートナーエリアの両方に対応しているため広範囲のエリアで通信可能です。またWi-Fiを2.4GHz帯と5GHz帯で同時に利用することが可能なので、固定回線として使用するのに最適です。

ガジェライブ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました