最短翌日発送!高速大容量のモバイルWi-Fiルーターの詳細はこちら
クレジットカード

エポスゴールドカードが最大3%超のポイント還元率でお得な理由

エポスゴールドカードの記事のアイキャッチ画像 クレジットカード

※この記事には広告(アフィリエイトリンク)が含まれますのであらかじめご了承ください。

エポスカードは一般カードもゴールドカードもポイント還元率は通常0.5%であり、マルイで買い物をしない人にとってはお得なクレジットカードではない…と思われるかもしれません。

確かに一般カードのままだと特にお得とは言えませんが、ゴールドカードにランクアップするとポイント還元率は簡単に1.5%まで引き上げることが可能です。今時無条件で1.5%も還元されるクレジットカードはそうそうありませんし、エポスゴールドカードは非常にお得と言えます。

さらに決済可能額に上限はありますが、ANA PayやTOYOTA WALLETといった複数の決済サービスを組み合わせれば、1.5%どころか最大3%を超える高還元率を実現することも可能です。

そんなエポスゴールドカードがお得な理由を簡単に説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エポスゴールドカードで最大3%超のポイント還元率を実現する方法

エポスゴールドカードは通常年会費5,500円、ポイント還元率は基本0.5%のゴールドカードですが、ちょっと工夫したり積極的に決済に利用するとかなりお得なクレジットカードに化けます。

【終了済み】MIXI Mにチャージして決済すると最大2.6%還元

2023年8月31日まで有効だった方法です。3%の大台は超えられませんが、MIXI Mにチャージして決済することで2.6%のポイント還元率を狙えました。

選べるポイントアップショップの登録でポイント還元率は常時1.5%

エポスゴールドカードには選べるポイントアップショップというシステムがあります。登録した対象のショップで決済するとポイント還元率が3倍、1.5%付与されるというものです。

登録可能なショップは最大3つですが、この中にはMIXI MというVISA/JCBブランドのプリペイドカードを発行しているミクシィがありました。このミクシィを登録して、エポスゴールドカードからチャージしたMIXI Mを決済に利用すれば、ポイント還元率は常時1.5%になるというわけです。

あるいはモバイルSuicaも対象ショップとしてラインナップされているので、交通系電子マネーに対応しているお店をよく利用するならモバイルSuicaも登録しておくことも可能でした。

しかしいずれも2023年8月31日をもってポイントアップの対象外となり、ポイント還元率を大幅に引き上げることはできなくなりました。

今後は公共料金や、車をよく利用するのであればETCカードを登録しておくのも良さそうですね。

年間100万円以上利用するとボーナスポイント上乗せで実質2.5%還元

エポスゴールドカードでは年間の利用金額に応じたボーナスポイントが付与されます。

付与されるボーナスポイントは年間50万円以上で2,500P、100万円以上で10,000Pです。

後者は付与されるポイントが利用金額の1%なので、実質的にポイント還元率が1%アップするようなもの。全額をMIXI MやモバイルSuicaで決済した場合、ポイント還元率は最大2.5%ということになり非常にお得でした。

エポスファミリーゴールドを登録すればさらに0.1%上乗せが可能

ちなみにエポスゴールドカードを所有していると、家族にエポスゴールドカードを紹介することが可能です。通常通りの審査が行われるので無条件でゴールドカードを発行できるわけではありませんが、紹介された家族は年会費永年無料でゴールドカードを持つことができます。

そしてエポスゴールドカードを所有している家族をエポスファミリーゴールドとして登録すると、年間の利用金額に応じてファミリーボーナスポイントも付与されるようになります。

家族全員がゴールドカード会員の場合、年間100万円以上で1,000P、200万円以上で2,000P、300万円以上で3,000Pが代表会員に付与されます。

あるいは家族に1人でもプラチナカード会員がいる場合、年間100万円以上で2,000P、200万円以上で4,000P、300万円以上で6,000Pが代表会員に付与されます。

ファミリーボーナスポイントは代表会員に全額付与されることに注意が必要ですが、とりあえず1人登録しておくだけでも100万円利用時のポイント還元率が0.1%アップするというわけです。

【最新版】Kyash→ANA Pay→TOYOTA WALLETとチャージして決済すると最大3.2%還元

従来はMIXI Mにチャージして決済するのがスタンダードな方法でしたが、ANA Payが登場した今はさらに高還元率のルートも存在します。

登録が必要な決済サービスが3つもあり、ポイント付与や1回あたりの決済額に上限があるので注意が必要ですが、ポイント還元率を最大限まで高めると3%を超えることが可能です。

エポスゴールドカードからKyashにチャージする

KyashはVISAブランドのプリペイドカードサービスです。Kyash CardやKyash Card Liteといったリアルカードの発行が可能な他、バーチャルカードの発行にも対応しています。

Kyash Cardは発行に手数料が900円かかりますが、Kyash Card Liteは今なら無料で発行することが可能です。今回の話においては無料の後者でも問題ありません。

クレジットカードからチャージしてKyashで決済した場合、決済額500円につき1ポイント、0.2%が還元されます。

ただし付与されるポイントは上限が設けられており、月間100ポイントまでしか還元されません。またチャージ可能な金額も月間12万円までと制限があります。

もし12万円を超えてチャージしたい場合は、Kyashを省略して次のANA Payにチャージしましょう。

KyashからANA Payにチャージする

ANA PayはVISAやiDとして決済可能なプリペイドのサービスです。

こちらは決済額200円につき1マイルが付与されます。マイルもポイントと同様に使用することが可能なので、還元率は0.5%とみなせます。

ANA PayからTOYOTA WALLETにチャージする

TOYOTA WALLETはiDやMastercardなどのプリペイドカードとして決済することが可能で、決済額100円につき1円相当の残高が還元されます。

したがってANA PayからチャージしたTOYOTA WALLETを利用して、iDやMastercardとして決済すれば、各種ボーナスポイントも含めて3%を超える還元率となるわけです。

Kyashが年間最大60万円までの決済分しかポイント付与されないので、ボーナスポイントを狙って100万円決済する場合は0.2%丸々上乗せとはならず若干目減りします。なのでファミリーボーナスポイントを含めても最大還元率は約3.2%となります。それでも十分お得ですけどね。

なおTOYOTA WALLETは残高上限が5万円しかなく、それ以上に高額な商品の決済には利用できない点にも注意が必要です。5万円を超える高額決済をする場合は、MIXI Mで決済するのが良いでしょう。

あとポイント還元率は変わりませんが、iDからモバイルSuicaにチャージすれば電車やバスにも乗れますし、100円未満の端数まで無駄なくポイント付与されます。可能ならiDよりもSuicaで決済するのがベストです。

条件を満たせば年会費は永年無料

なお年会費についてはエポスファミリーゴールドでなくても、以下のいずれかの条件を満たすことで永年無料になります。

  • 年間50万円以上利用
  • インビテーションを受け取って一般カードからランクアップ

条件付きとはいえ年会費が無料、それも1度満たすだけで永年無料で持てるゴールドカードは珍しいです。ポイント還元率も高く、これほどお得なクレジットカードはなかなかありません。

ちなみにインビテーションを受け取った場合は初年度から無料になるので、いきなりゴールドカードを申し込んで50万円決済するよりも、一般カードであるエポスカードをじっくり利用してランクアップを狙ったほうがお得になる可能性もあります。

筆者の場合は12月末にエポスカードを申し込んで毎月8~10万円程度使用したところ、翌年7月2日にゴールドカードの招待状が準備中となりました。ここからさらに2~4週間程度でインビテーションが届くようです。

しかも一般カードからランクアップするメリットはこれだけではありません。

JQ CARDエポスゴールドならエポスポイントの代わりにJRキューポが貯められる

エポスゴールドカードにはJR九州と提携して発行しているJQ CARDエポスゴールドというバリエーションが存在します。

JQ CARDエポスゴールドの基本的な仕様はエポスゴールドカードとほぼ同じですが、こちらはエポスポイントの代わりにJRキューポというポイントが付与されます。JRキューポはエポスポイントの他、PontaやTポイントとも等価交換が可能であり、事実上の上位互換となるクレジットカードです。

そんなJQ CARDエポスゴールドを直接発行したい場合、九州にある各アミュプラザに出向く必要があります。九州民以外にはなかなか難易度が高いですよね。

しかしエポスカードを作ってインビテーションを受け取った場合、JQ CARDエポスに切り替えてからランクアップすることで、店舗に出向かなくてもJQ CARDエポスゴールドを手に入れることが可能です。

インビテーションを受け取った場合は年会費が初年度から無料になりますし、JQ CARDエポスゴールドを手に入れるためにもまずは一般カードのエポスカードを作ってからインビテーションを狙いましょう。

まとめ

エポスゴールドカードは基本のポイント還元率は0.5%しかありませんが、年間利用額に応じてボーナスポイントも付与されるだけでなく、ANA PayやTOYOTA WALLETと組み合わせることで最大3%超の高還元率も実現できます。

エポスポイントの上位互換であるJRキューポを貯められるJQ CARDエポスゴールドを手に入れたいのであれば、まずはエポスカードを作ってANA PayやTOYOTA WALLETで決済し、インビテーションが届くのを待ちましょう。

エポスカードの申し込み時に紹介番号【23100123398】を入力すると、新規入会特典として2,500円相当のエポスポイントが貰えます。(2024年3月31日まで有効)

コメント

タイトルとURLをコピーしました